« ムーミン展に行ってきました。 | トップページ | CM放映中! »

2010年2月28日 (日)

戦い終わって日が暮れて。

ここ数日間は急に暖かくなりまして、
昼間にはコートはおろかジャケットも要らないかも
・・・というくらいの気温になりました。
まだもうひと山くらい寒さがやってきそうな気がします。
いくらなんでもまだ2月末なんですし・・・(?)。

毎日帰りが遅くなりつつも
ついついフィギュアの試合は見てしまっておりました。
女子の試合は夜の番組でしっかりと見ましたが、
あまりにもレベルが高く、
上位二人のみが突出して優れているためか
二人の演技は見ていて息苦さを感じるほどの凄まじい戦いでした。
戦いといっても、それぞれが自分との戦いであって、
相手のミスがあってどうこうというような次元をはるかに超えていて、
今年のオリンピックは本当に凄かったなあ・・・と
しみじみと感じました。
3位以下の選手についても
軒並み自己記録を更新するという超前向きな素晴らしい結果となり、
どの選手の演技を見ても心を打たれるホンモノを感じました。
上位二人のフリーの演技は
試合後も何度も何度もTVで流されていますが、
なんだか見ているとつらいものを感じてしまいまして、
なぜか私は鈴木選手のフリーの演技が一番好きでした。
といいましても、一部しか見ることができなかったのですが、
ダンスパートのステップの場面など
生きる喜びとエネルギーが溢れて輝いているように思えて
つい目もとにじわっと熱いものが浮かんできてしまいました。
私はスケートについて詳しくはなく、
点数の計算などきちんと理解できていませんので、
ただ凄いなあ、と感じるだけなのですが、
上位入賞をするべく勝負をするということが
とてつもなく大変な努力を要するものだということはわかりました。
銀メダルを獲得した真央ちゃんと、
同じく男子で二位となったプルシェンコ選手の姿が
なんとなく重なって見えたのですが、
高い技術を持っていても一等賞を獲るのは難しかったのか・・・と
思えたからなのでした。
審査結果にすべて納得できたわけではないのですが
(プルシェンコが二位になるとは
全く予想していなかったので驚きました。
一位の彼に不満はないのですが、
どうも印象に残りませんでした(爆)。
女子の金銀の結果については
仕方ないかな・・・と思えたのですが)、
素晴らしい演技と心意気とを見せてくれた選手たちに
感動を通り越して感謝の気持ちを感じました。
どの選手も
「感謝をこめて」
「最高のパフォーマンスを見せたい」
というようなことを口にしていたのが印象的でした。
男子の選手の中で
見ていて思わず惹きこまれてしまった人が一人いたのですが、
得点が伸びず会場からブーイングが起こっていました。
あれは誰だったんだっけ・・・(_ _;;)。
また、全米王者の17歳レイチェル・フラットも
はつらつ伸び伸びとしていて好きだったんですが、
完璧に演じきってもこの点数なのかと驚きました。
やはり全体にとてもレベルが高かった、ということなのでしょう。
本当に皆さん凄かったです。

というわけで私的には、
メダリストの演技ばかりでなく
鈴木さんのフリーの演技ももう一度見せて下さい、と思いつつ、
もう一度TVに映る時を待っています。
緊張から解放された選手たちのエキシビションが楽しみです(^^)。

|

« ムーミン展に行ってきました。 | トップページ | CM放映中! »

いろいろつぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ムーミン展に行ってきました。 | トップページ | CM放映中! »