« 平山さん逝く。 | トップページ | ホビットの配役オーディション。 »

2009年12月 6日 (日)

冬の楽しみもしくは励み。

週中に家族が短期入院をしまして
病院に行っては残業をして帰るという日々でありました。
幸い上手く事が運びまして、まもなく退院になりそうなので
少しほっとしました。
気持ちが緩んだせいか、昨夜はぼーっとしたまま、
TV放映していた『風と共に去りぬ』を最後まで観てしまいました
(最後のあたりは時々意識が飛んでいました;;)。
最後に観たのはもうずいぶん前のことなので
詳細を忘れてしまっていたのですが、
つい『オーストラリア』を思い出しつつ観てしまいました。
お話は置いておいて(設定も舞台も違いますし)、
さして詳しくなくてもおや、と思うくらい
ああ似てるなあ、と思える画面がありました。
主人公の二人については似て非なると言わざるを得ないかなと
個人的には思いましたが、
実はあまり得意ではなかったゲーブル氏が
なかなかいいなあと思えたのが自分でも不思議でした(爆)。
改めて見てみると、
スカーレットの方が理不尽度と強烈度は上のようで・・・(^^;)。
登場人物の魅力だけで長丁場を見せるなあ、と
今さらながら思いましたです。
年を重ねたせいか、登場人物たちについて
昔観たときよりもより身近に、
理解しやすく感じました。
古い映画はむしろ今になって見直した方が
もっと入り込んで見られるのかもしれないなと思いました。

さて、前々回にささっと置いていった記事ですが、
補足をしよう(このへんで)と思っているうちに次の記事が出ましたので、
そちらを置いていきます。
『NINE』はとにかく来年公開、と書きましたが(←IMDbで確認しただけでした)
3月19日公開だそうですm(_ _)m。
公開前からとても評判になっているようですので、
春に向けての楽しみになりそうです(^^)。
もう一つ『ラブリーボーン』についても
同じく紹介記事のリンクをこちらに。
PJ監督でレイチェル出演ということで楽しみにしていましたが、
主人公(でしょうか)の女の子は
『つぐない』でブライオニーの少女時代を演じた彼女なんですね。
際立って印象的だった瞳は忘れられません。
PJの映画ということでちょっと心の準備をして
(ビックリ演出があるかも←クリーチャーは出ないでしょうが)
1月29日の公開を楽しみに待ちたいと思います。

ここのところ特に見たい映画がなく
12月12日公開の『パブリック・エネミーズ』を待つばかりでしたが、
最近になってTVの宣伝が目につくようになりました。
それは嬉しいんですけど、
クリスチャンの姿が見えない・・・(気のせいでしょうか;;)。
またこの界隈では
アン・ハサウェイとマカヴォイさん共演の
『ジェイン・オースティン 秘められた恋』が
もうすぐ公開になりますので、
こちらも行けるようなら行きたいなと思っています。
そしてずっと楽しみにしている『Dr.パルナサスの鏡』は
来年1月23日公開です。
少しずつ気持ちが盛り上がってきました(^^)。


来年の年明けの職場は早くも大波乱が予想されているのですが(TT)、
上記のいろいろを励みに乗り切っていきたいものだと思います。
(ああ鬼が笑うなあ・・・。)

|

« 平山さん逝く。 | トップページ | ホビットの配役オーディション。 »

映画情報・よもやま話」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 平山さん逝く。 | トップページ | ホビットの配役オーディション。 »