« 小ネタを少しだけ。 | トップページ | 冬の楽しみもしくは励み。 »

2009年12月 4日 (金)

平山さん逝く。

またも家のことで気ぜわしくなっていたところ
実に久方ぶりに家に電話を置いたまま出かけてしまいまして、
出かけた先での連絡に困るわ、
途中抜けした職場の電話番号を聞こうと
(ここ数年電話対応がほとんどないところにいるもので;;)
104にかけてみたら登録がないと断られたりで・・・。
なんだか随分長い一日でした(^^;)。

そんな調子でしたので
いま一つ心の方も響きが悪かったのですが、
日本画家の平山郁夫さんが亡くなられたんですね。
20数年前にはじめて展覧会にて絵を拝見したときに、
そこに数分立ち止まってしげしげと眺めた記憶があります。
それからずっと氏のファンでしたので
鈍いながらも突然の訃報に驚かされました。
記憶を顧みて、
真摯なよい仕事を重ねてこられたなあ・・・などと
しみじみと思いました。
シルクロードのロマン、などという軽めの言葉が似合わない
深みのある絵でありながら、
見る人皆に寄り添い、
易しい言葉で語りかけるような作品を描かれ、
早い時期から遠い土地までご自分の足で旅をされ、
文化財保護など国境を越えて尽力奔走された方でもありました。

一つの時代が過ぎていくんだなと思いつつも、
この方の絵はきっとずっと忘れられることはないなと思いました。
私自身はアフガニスタンやイラクなどが破壊され、
疲弊する前の風景を見られる時代には間に合いませんでしたが、
そのあとに続く同じ時代を生きられて、
中東やアジアなどの国を旅行する機会にも恵まれて
本当に幸せなことだったと思います。

謹んで心より、ご冥福をお祈り申し上げます。

|

« 小ネタを少しだけ。 | トップページ | 冬の楽しみもしくは励み。 »

いろいろつぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 小ネタを少しだけ。 | トップページ | 冬の楽しみもしくは励み。 »