« ヒューの新作?いろいろ続報。 | トップページ | 2010年の映画特集。 »

2009年12月26日 (土)

今年のクリスマス。

今年のささやかなクリスマスは
23日のうちに済ませてしまいましたが、
ひとまず大正解でした。(その後も残業続き(TT)。)
ちょっとだけ飾ってみた真紅のガーベラはまだまだ元気です。
そしてお正月はチューリップをどっさりと
飾ってみるつもりなのでした(^^)。
以下、映画のお話は全くなしのつぶやき日記のみですので、
スルー推奨ということでお願いいたしますm(_ _)m。

昨夜仕事から帰ってきたところ、
「ラストサムライ」とオノ・ヨーコさんの番組(金スマSP)をやっていまして、
サムライをしばらく見たのちに
(こちらは映画館で見ましたのでいろいろ思い出しつつ)
ヨーコさんの番組を最後まで見てしまいました。
以前映画を見たことはあるのですが、
今回はヨーコさん本人の視点で描かれ、
ご本人がスタジオにいらしていることもあって、
より細やかなエピソードが伝わってきて
等身大のジョン・レノンとヨーコさんが見えてくるようでした。
殊にショーン君が生まれてから現在に至るまでのくだりが
とても良かったです。
ジョンはなんて素敵なお父さんだったんだろうと!
そして、奥様に生きる力を与えてくれていたのかと。
幸せな時もこの上なくつらい時も
こんな風に人は優しく強くなれるのかと
感嘆する思いでした。

ジョンが亡くなったくだりで
ずっと沈黙が続いたのですが、
ゲストで来られていた樹木希林さんの言葉が素晴らしかったです。
ビートルズもそれは素晴らしい仕事をされたのだけど、
ジョンはヨーコさんに出会ったことで
本来の才能を開花できたのだというようなコメントで、
言い淀んだり、空白になる時間さえ暖かく重みがあり、
決して消えることのない悲しみを抱えた心にも
沁みていくような言葉でした。
樹希さん自身が役者さんとして人として、
しっかりと生きていらしたんだなあとしみじみと思いました。
番組のおしまいのあたりで
ちゃっかりツーショットの写真を撮ってしまって
お二人で笑顔になるところがまた良かったです♪

最後に司会役の中居くんがヨーコさんに
「あなたにとって愛とはなんですか」という質問をされたのですが、
すぐにはっきりとした言葉で答えが返されました。
「愛とは人生の原動力」なのだそうです。
世界の巨大な力に翻弄されながら
この方は常に逃げることなく考え続け、
まっすぐに生き続けてきたのだなと感じました。

あなたが望めば戦争は終わると歌った「ハッピークリスマス」。
愛と平和、と書いてしまうだけでは
鈍くなった心にはなかなか響きませんが、
この歌が今年は少しだけ響いてきたような気がしました。
どうか皆さんが幸せでありますように。
愛する誰かがいて、心が平穏でありますように。
遅ればせながら、そんなことを感じた夜でした。

|

« ヒューの新作?いろいろ続報。 | トップページ | 2010年の映画特集。 »

いろいろつぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ヒューの新作?いろいろ続報。 | トップページ | 2010年の映画特集。 »