« ソウル・コンさんめぐり その二。 | トップページ | 新作映画製作決定。 »

2009年11月23日 (月)

ソウル・コンさんめぐり その三。

今日は一転してとても暖かくなりまして、
現金なもので体も軽やかに動くようでした。
これから日一日と寒くなっていくのでしょうね。
短い秋の日差しがとても貴重に思えた一日でした。

さて、できるだけさくさくと続きにまいりたいと思います。
ロッテホテル・ワールドは
「天国の階段」の結婚式のシーンなどを
撮影したところですが、
ホテルのロビーから地下に降りる階段が実際に使われたもので、
階段のなかほどに説明板(日本語あり)がついています。
Photo

同じく舞台として使われたロッテ・ワールドは
ホテルと繋がっていましたので、
案内板を辿ってなんとか行き来できました。
巨大な遊園地のほかに
百貨店・免税店・ロッテマートとなんでもござれの
一大アミューズメントパークですが、
ホテルを出た隣にはシャルロッテ劇場がありまして、
個人的には、今ここでオペラ座をやってるんだ~と
違うところで反応してしまいました。
元四季の西珠美さんが韓国に戻って
こちらで出演している(ダブルキャストです)とあとで知りました。
ナンタも面白そうだけど、こちらも一度見てみたいなと思ってしまった、
四季ファンの性でございました(^^;;)。

話がそれましたが、ロッテ・ワールドです。
まず地下の入口で
夕方4時以降のスペシャルパス22500ウォンを購入しました。
入場券と乗り物券を別に買うこともできますが、
入る時間によってお値段設定が違いますので、
よくよく比べてみたほうがよいと思います。
(出発前にこちらを見ていったのですが、
2007年の情報ですので少し内容が変わっていました。)
入ってすぐのところにあるメリーゴーラウンドが
第一チェックポイントでしたが、
そばに縮小版の壁画があるほかには
特に関連商品は見当たらなかったように思いました。
そして一番地階にあるスケートリンクを目指すと
いったんアドベンチャーエリアを出なければいけないようで、
手にぽんとスタンプを押していただきました。
係員の方は簡単な日本語を話されますが
英語は歓迎されませんでした。
やはり韓国語を話す努力をするのがベストなのでしょう。
(聞いても答えがわかりませんがTT。)
このあと遊園地を出てから地階で食事をしたのですが
(中華でしたが、とてもやさしいスープの麺で、
たいへん美味しくいただきました)、
こちらのお店の方は片言の日本語が出てくるくらいで、
堪能なのが韓国語と中国語でした。
食事をするだけなのでどうにでもなるのですけど
せっかくなので「指差し韓国語簡単会話」を活用したり、
双方謎の片言(日韓中英;;)でお話させていただきまして
とても楽しく過ごしました(^^)。
(食べながら知っている韓国語の単語をわあわあ言っていて
後ろで笑われておりました;;。)
やっと焼酎が飲めて同行者は大満足。
こちらの焼酎(ソジュ)は少し甘くて軽く、
普段は焼酎を飲まない私でもおいしいと思いましたです。

Photo_2
壁画のミニチュアのそばに説明板あり。

Photo_4
これだけは乗りました(^^;)。
家族連れも見られましたが、若い人たちに大人気でした。


Photo_3
すっかりクリスマス仕様でした。

(またこれもあとで知ったことですが、
ロッテ・ワールドの地下入口の近くに
スター・アベニューなる施設があったようでした。
俳優さんなどスターゆかりのものがあるようでしたが
残念ながら内容は未確認です。)


さくさくと情報だけ、このまま続けていってしまいます。
第三日は半日フリーでしたので、
コンさんとヨンさまとリュ・シウォンのグッズがあると聞いた
新羅免税店まで行ってみました。
(模範タクシーを利用してみましたが、
残念ながらドライバーの人柄は模範的とは言い難かったです。)
置いてあるのはリュ・シウォンのグッズのみでした。
ややへこみましたが、
この免税店のいいところは
無料周回バスを出しているところ。
なのでついでにおみやげ類を買い揃え、
敷地内にある迎賓館の写真を撮って
(コンさん自身が結婚式をしたところです)、
バスに乗ってそのまま南大門市場に向かいました。
Kさんから聞いたグッズを置いてあるお店は
一つは冬ソナに出てきた学校の近くにあるそうなのですが、
もう一つは南大門にありまして、
地下鉄会賢(フェヒョン)の5番出口から入った通りに
( i のある通りです)あるとのことでした。
(これまたあとで気がついたことですが、
ドラマに登場した「イカロス」という衣料品店
(実際に営業しているお店の名前は「TEMA」)が
すぐ近くにあったようでした;;。)
一軒目を見つけるや否やすぐに
洗いざらい品物を見せていただきまして、
ネットですでに大判のカレンダーは買っていたけれど
こっちの方が素敵だ~という新しいものが置いてあり、
今年はまだ出回っていなかった卓上のものもあったので
迷わず購入、即購入(_ _;このために来たんですから)。
やっと落ち着いたところで、
もう一軒同じようなお店を発見しました。
行かれる方はどうぞ落ち着いて探してみてくださいませ(^^;)。

Photo_5
お店の入口。正面にあるカレンダーを購入しました。

Photo_6
そのほか購入したもの。ほかにもいろいろありました。

改めて(落ち着いて;;)みると面白そうな市場だったのですが、
同行者の疲れも心配だったので早々に退散し、
明洞まで戻って、
一日目に入れなかった明洞餃子に再トライしてみたところ、
幸いすぐに座れました。
簡潔メニューにその場ですぐ明朗会計。
動きに無駄のなさ、回転の速さに感心しました。
箸もスプーンもテーブルの引出しにどっさり入っていまして
テーブルの上にはロッテのキシリトールガム。
人気店で常に行列が出来ているけれど、
入りやすいし対応も○。
量が多そうなので、
二人でカルクッス(鶏のスープの小麦麺・ワンタンととりそぼろつき)とマンドゥを
ひとつずつ頼んで大満足でした。
また、気になっていた伝統茶はデパ地下でゲットできたのですが、
中国茶のように
日本でも人気が出て飲めるようになると嬉しいなあと・・・。
食養生は日本でもブームになりつつあるから、
期待できるかもしれません(そうか?)。
食べることにも美容にも健康にも飽くことのないエネルギッシュなこの国に
食べることが大好きな母が惹かれたのが
改めてわかるような気がした旅でした。
やはり食事は大事です。

あとは帰るだけ~ということで、
空港ではささっと手続きを済ませてゲートに入りましたが、
やはり中は広かった・・・。
いろいろ探検したかったけれど
そこまでの時間がなかったのが残念でした。
ここでも無事焼酎をゲットできまして、
同行者は再び大満足でした。
(つくづく安上がりな親子でした;。)
行きと同じようにあっさりと、
巨大な空港の喧噪がうそだったかのように静かな地方空港に戻ってきました。
出国も入国もしごくシンプルで有難いことこの上なし。
とにかく無事に何事もなく過ごせました。

以上、私なりのコンさんめぐりの旅でした。
どなたかの参考になることがあれば、本当に幸いです(無理かしら)。
今は天国にいる人が少しでも喜んでくれているといいなと思いつつ、
ミッション完了いたしました。
もしここまでお付き合いしていただいた奇特な方がおられましたら
心よりお礼申し上げます(^^)。

次回からは、また通常営業に戻りますm(_ _)m。

|

« ソウル・コンさんめぐり その二。 | トップページ | 新作映画製作決定。 »

旅行話」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ソウル・コンさんめぐり その二。 | トップページ | 新作映画製作決定。 »