« 光陰矢のごとし(違)。 | トップページ | ハッピー・ハロウィーン! »

2009年10月26日 (月)

『Dr.パルナソスの鏡』前売り情報。

随分前にお伝えした(ままの)ヒース・レジャーの出演作、
"THE IMAGINARIUM OF DOCTOR PARNASSUS"
(邦題は『Dr.パルナサスの鏡』に決まったようです)の
前売情報が出ていました。
シネマトゥデイからどうぞ。
以下引用してみます。

撮影中に急死したヒース・レジャーの遺志を継いで、ジョニー・デップらが出演する映画『Dr.パルナサスの鏡』の、キラめく鏡のポストカード付き特別鑑賞券が発売されることがわかった。
 本作は、映画『未来世紀ブラジル』『12モンキーズ』のテリー・ギリアム監督による幻想的なファンタジー。人がひそかに心に隠し持つ欲望の世界を、鏡の向こうに形にしてみせる「イマジナリウム」。その不思議な力を出し物にする1000歳だと語るパルサナス博士と記憶喪失の青年トニーが、16歳になるパルサナス博士の娘を悪魔から守るために奮闘する姿を描く。
 トニーを演じたヒースの急逝により完成が危ぶまれた本作を救ったのは、親友のデップをはじめ、コリン・ファレルとジュード・ロウ。鏡を通り抜けるたびに、顔が変わるという設定で彼ら3人が役を引き受け、ついに完成した作品だ。
 このたび31日から劇場窓口にて発売される特別鑑賞券には、4人のトニーの顔があしらわれたポストカードと特製ビジュアルポストカードが先着でプレゼントされる。生前にヒースが演じたトニーの遺志を継ぐように、同じキャラクターに成り切った3人の姿を見ることができるポストカードには、俳優同士の強いきずなが感じられる。また特製ビジュアルポストカードには、絶頂期の鬼才ギリアム監督のテイストがふんだんに盛り込まれており、本作の公開を期待させるプレゼントといえるだろう。

ちなみに公式HPはこちらです。
日本公開は2010年1月ですが、
公開劇場および前売の取扱のある劇場はこちらからどうぞ。

めでたく全国公開になって本当に良かったです。
地元の映画館にも来てくれそうなので、無事に見に行けそうです(^^)。

|

« 光陰矢のごとし(違)。 | トップページ | ハッピー・ハロウィーン! »

映画情報・よもやま話」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 光陰矢のごとし(違)。 | トップページ | ハッピー・ハロウィーン! »