« 行き当たりばったり骨休め その一 | トップページ | 行き当たりばったり骨休め その二 »

2009年9月23日 (水)

二回目を観てきました。

連休の最後に友人と会いまして、
一緒にウルヴァリンの二回目を見に行ってしまいました。
(←これを付き合ってもらったといいます。)
映画は大抵一人で観て没頭してしまう方ですので、
人と一緒に観ていると(それもヒューの映画を)
なんとはなしに照れくさいような気がしました(^^;)なんとなくね
一日前にTOHOで二十世紀少年を見てきた一人は
ヒューが表紙の「TOHO CINEMAS」をゲットしてくれまして、
持つべきものはやはり友達だよな~と
感謝、感謝の休日でした。
二回目の感想はといいますと、
一度観てお話が頭に入っていますので、
落ち着いて隅々まで没頭して見られてよかったのですが、
悲劇性といい、バイクのアクションぶりといい、
やはり仮面ライダーに通じるなあと。
(↑これは褒め言葉です、念のため。)
懐かしいけど新しくて、
改めていいキャストを揃えたなあと思いました。
イケメンのガンビット(というかアクションがキレイ!)も
印象的で良かったですが、
結構ウィル・アイ・アムの雰囲気が好きだったかも。
すぐ消えちゃいましたけどね・・・。

シネマトピックスさんの9月18日の記事にこんな記事が載っていました。

「ウルヴァリン:X-MEN ZERO」("X-Men Origins: Wolverine",2009年)で若きサイクロップスを演じたティム・ポーコックは「今、オーストラリアのTVシリーズの撮影中で、2010年2月に終わる。それから"X-Men: First Class"の撮影に入る」と語ったらしい。(その他)

"X-Men: First Class"のほか、
マグニートーやデッドプールのスピンオフ、
X4の噂もあるようです。
今回のウルヴァリンを見てみて、
ほかの数名のミュータントにも親しみ?が湧いてきまして、
ほかの膨大な数のミュータントたちにも
きっとそれぞれファンがついているんだろうなと感じました。
何度も見ているとはまりそうでちょっと怖いです・・・。
(←きりがないというか私に余裕がないもので;;)

ところで、インロックの通信販売
ヒューの来年のカレンダーが出ていました。
日本で人気が出てくれたおかげでしょうか(嬉)。
ちなみにアメリカのアマゾンを見ますと
上記と同じものと思われるカレンダーのほか、
もう1バージョンあるようです。
う~ん・・・どうしよう・・・。

最後にもう一つ、
『SCREEN』11月号にヒューの記事が3ページほど出ていました。
そのほかにも
「キャリアガールのための恋愛ハウツー映画」のコーナーで
『ニューヨークの恋人』が新作映画に次いで取り上げられていまして、
目新しいことはないのですが、
じわっと嬉しくなる記事にしてくださっていました。
人気ランキングでは
ジョニデに次いでなんと二位に入っていまして、
あの人柄の良さは
本当に遭遇してみないとわからないですから、
これも来日効果なのかな~と思ったりいたしました。

というわけで、
ウルヴァリンにはじまりウルヴァリンに終わるという?
ハッピーな休暇となりました。
いよいよ明日から仕事再開ですが、
ぼちぼちと頑張りたいと思います。

|

« 行き当たりばったり骨休め その一 | トップページ | 行き当たりばったり骨休め その二 »

俳優さん/ヒュー・ジャックマン」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。
こちらも悪質コメントついたんですね。本当に困った連中です。私のところは最近のだけコメント受け付けないにしたら、かなり昔のコメントがついた記事を狙って悪質コメントがついたので、手間がかかりましたが過去のも全てコメント受け付けないに変更しました。まったくもって大迷惑です。
ところで、「ウルヴァリン」のエンディングのもう一パターンですが、日本では公開されていないそうです。よく行くサイトの方が、見られたそうなのでお尋ねしたら教えてくださいました。そして日本で公開されていないエンディングをYouTubeで見ることができることも。見に行ったのですが、これはたぶん映画館で個人的に録画したのではないかと思われ・・・coldsweats02 職業柄、これはまさしく冷や汗ものです。確かにヒューさんのファンなら見たいでしょうし、見せたいでしょうけどねぇ。
ではではまた。

投稿: てんてん | 2009年9月28日 (月) 21時04分

最後のおまけ映像に2バージョンあると聞いていたのですが、そういうことなのですね・・・(残念)。きっとDVDには収録されるに違いないと思いますので、キレイな映像で見られるまで待ちたいと思います。
思えば公開時からしてネット流出の大騒ぎがありました。どうしてもその時でないと見られない画像(TVトーク番組など記録媒体で出回らないもの)については投稿されたものに頼るしかないことがあります(有難く恩恵に預からせていただいています)が、できるだけ作り手が丹精こめて作リ上げた形のものを堪能させていただきたいものだと思います。

投稿: may | 2009年10月 2日 (金) 22時34分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 行き当たりばったり骨休め その一 | トップページ | 行き当たりばったり骨休め その二 »