« TV出演されたそうです。 | トップページ | 3時10分、決断のとき »

2009年9月 4日 (金)

ウルヴァリン ジャパンプレミア

Photo_2

いよいよ3日となりまして、無事にプレミアが行われたようです。
今回来てくれた出演者はヒュー一人だったんですね。
その点はちょっと残念でしたが、
これまでの各地でのプロモーションも結構一人でこなしていましたし、
次回作の宣言(?)とキャスト募集広告(??)も
兼ねていたようなので、
主演俳優兼プロデューサーとして
実に八面六臂の活躍を見せてくれたということでしょうか。
すっかり世に知れ渡ったエンターテイナー&司会業の才能と
驚異的なサービス精神を如何なく発揮して、
映画のアピールも次回作のアナウンスも
見事に盛り上げてゆかれたようです。

以下、様子を伝える記事をいくつか置いてみます。

http://news.pia.jp/pia/news.do?newsCd=200909020009 (チケットぴあ)

http://www.cinematoday.jp/page/N0019477 (シネマトゥデイ)

http://mainichi.jp/enta/mantan/entama/graph/20090903_3/ (毎日新聞)

写真はいつものGetty Imagesからどうぞ。


シネマトゥデイの記事がかなりよい感じでありました(^^)。
以下貼りつけてみます。

 ハーレーダビッドソンでレッドカーペットを一周するという前代未聞のド派手な登場で、早速ショーマンシップを発揮したヒューは、ステージに登壇後もファンの声援に応えようと、あちこちへ手を振るのはもちろん、隣接するテレビ朝日の社屋を指さし、「仕事なんてしないで、こっちに来いよ」と手招きする一幕も。野太い声で名前を呼ぶ男性ファンには、「君の名前はなんだい?」と逆質問するなど気さくな素顔を見せていた。さらに続編の撮影を日本で行うと発表すると、すかさず「まずはここにいるみんなに出演してほしい」と会場に集まった500人のファンにラブコール。会場の熱気は一気にヒートアップした。
 そこに巨大オーディションシートを持参し、乱入したのが俳優の佐藤隆太。映画『X-MEN』シリーズの大ファンだという佐藤は、プロデューサーも務めるヒュー本人に「あなたのためなら何でもします!」と続編への出演を直談判し、ヒューもその熱意にヤラれたのか、「(起用を)決めたよ」とまさかの即決!? 佐藤が実際に起用されるかは謎だが、今年のアカデミー賞授賞式での司会ぶりを越えるサービス精神で、主演作を見事にアピールするヒューだった。

登場はハーレーダビッドソンでした。またまたバイクで来ましたね♪
2年か3年後に次回作を日本で撮影するようです。
日本人の役がたくさんあるからオーディションを受けに来てと呼びかけるとは、
なんとも効率的なアナウンスです。
また、川島なお美がパティシエの夫の特製ケーキを持参したのを受けて、
「自分も妻と来たんだ、妻はウルヴァリンより強いんだ」と
妻自慢?をやはり忘れないヒューでした(^^;)。

地元のレコード店に行くとX-menトリロジーboxがコーナーに積まれ、
ローカル新聞の記事(ディズニーがマーベル社を買収)に
「日本でも人気のX-men」などという文字が見られてビックリしたり、
なんだか一気に日本でもファン層が拡大したような気がします。
すごく嬉しいことなのですが、
それだけに、やはり次回作(の脚本)は心配なのでした・・・;;。

Photo_3
      最強の笑顔!

Photo_4
 本当に出演が決まるかも?
(律儀で二言のない人ですから・・・。)

|

« TV出演されたそうです。 | トップページ | 3時10分、決断のとき »

X-Men Origins: Wolverine」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« TV出演されたそうです。 | トップページ | 3時10分、決断のとき »