« 一応一区切り。 | トップページ | 復刊情報など。 »

2009年7月13日 (月)

ターミネーター4

今日は久々のお休みでしたので
映画を見るついでにいろいろ買い物も済ませてきました。
落ち着いて周囲を見回してみると結構必要なものがありまして、
バーゲンって有難いものだったんだなあ・・・と
今さらにしてようやく実感しております(^^;)。
買い物に出るとついため息をついてしまうのですが、
何かこれというものが目につくたびに
買って帰っても喜んでくれる人
はいないんだなあ、
つまんないなあ~~と思ってしまうからなのでした。
すっかり楽しむことができるようになるのはいつのことになるのやら。

(↑以上愚痴警報につき、白文字にいたしましたm(_ _)m。)

さて、映画館に行ってみると今日はメンズデーでした。
(前売りを持っている私にはあまり関係がありません。)
しかも昼間に出かけたもので、
800人収容の部屋の中にぽつりぽつりと一人で来ている男性が見えるだけ。
と思いきや、一人女性もいました。
そういう人もいるんだ~と自分をすっかり棚に上げて感心しました。
結局前作のあらすじしか頭に入れられませんでしたので、
ほぼ白紙の状態で見ることになりました。
なので、取り急ぎ(爆)
ジョン・コナーがどういう風に演じられているのかな~と
思いつつの鑑賞になりました・・・。
前作のオマージュがおそらくたくさん盛り込まれているのだろうなと
思しき感じがしましたが、
何の知識もなく観たところでは、
普通の近未来SFアクションだな~と思いましたです。
身も蓋もありませんが、本当にそういう感じでした。
徹頭徹尾シリアスで、
メインキャラはやはりマーカスで、
ジョンと二人が主人公というように見えました。
どちらのキャラクターももう少し掘り下げてくれたらいいのに
(特にマーカスを)、
という思いは正直残りましたが、
それぞれの役者さんはいい仕事をしていたように思いました。
ガソリンスタンドでかばってくれたおばあちゃんとか、
口のきけない女の子とか、
いいキャラがいろいろいたのですが、
配置して絵にするのが精一杯のような感じも受けました。
(何かもったいない・・・。)
女の子が可愛かったです~(そこですか)。
ジョンのキャラはなるほど以前に聞いていた通りで、
クリスチャンの熱演が伝わってきましたが、
演出がやや中途半端な感じがしました。
そんなわけでいろいろ惜しい感じが残りましたが、
全体としては、やはり普通のアクション映画、という印象でありました。
最初に出てきたヘレナ・ボナム=カーターは
やっぱり~(オイ)と思える役回りでしたが、
どこが「人類の未来のため」なのかわかりませんでした。
そのへんは前三部作を見ていれば
きっとわかることなのでしょうね・・・(_ _;)。
話題になっていたCGゲスト出演につきましては、
このシーンは要るんですか?と
言ってはいけない言葉がつい口をついてしまいましたが(_ _;)、
シリーズのファンの方にはきっと感慨深いものがあるのでしょう・・・。

今はどうも私の感度が悪くなっているようで
いま一つ集中できなかったところがありました。
泣きの入る作品も難しいですが
いっそラブコメでも見てみようかと思ったりしまして。
それはそうと、『レスラー』は、
日本での総興収が1億円を突破したのだそうです。
こちらではつい先日に上映が終わってしまって
見られなかったのですが、
またどこかで再映してもらえないかな~と少し期待しています。
心に響いてくれる作品のような気がします。

|

« 一応一区切り。 | トップページ | 復刊情報など。 »

映画感想」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 一応一区切り。 | トップページ | 復刊情報など。 »