« ただいま発表中。 | トップページ | 一夜が明けて。 »

2009年2月23日 (月)

オープニング・ショウほか。

珍しく何度もアップしていますが、
一日これで沈没しております(^^;)。たまにはいいか。
「おくりびと」の外国語映画賞受賞が決まり、
ワイドショーやニュースでもどんどんニュースが流れています。
(日本の2作品の話題しか出ないのが少々残念ですが。)
本当におめでとうございます(^^)!
すっかり受賞結果が出揃いまして、
やはり主要部門は「スラムドッグ$ミリオネア」が独占状態で、
そのほかの主演男優賞にショーン・ペン、
主演女優賞にケイト・ウィンスレットという
固い線で落ち着きました。

ヒースも無事受賞したことですし
(ご家族の方がオスカーを受け取られたようです(→こちら)。
記事を見ているとなんとなく泣けてきました。
「ダークナイト」はほかに音響効果賞も受賞しました。)
私的にはオープニングパフォーマンスは
どうだったのか?ということばかりが気にかかっていたのですが、
速報を流しておられた
CIA☆こちら映画中央情報局です」さんに
キレイな動画が上がっていましたので
こちらで見せていただきました。
受賞結果の後ろの方にスケジュールがあり、
そこに貼ってあります。
トニー賞再び、といいますか、
さらにスケールアップした感じで、大変にゴージャスです。
音楽をただメドレーにするというものではなく
巧みに組み合わせてあって、
私はあまり詳しくないのですけど
古いものから新しいものまで
ほんのさわりのところやサビのところなど様々なものを
絶妙のバランスで全く新しいものに作り上げられているようで、
素敵なショウでした。
(ちなみに「ワンナイトオンリー」も出ました。)
これはぜひ大きな画面で観たいものです。
NHKさんよろしくお願いします。できればノーカットで!!
ヒューはビヨンセとコンビを組んでいまして
それは素敵だったのですが、
ますます歌が上手くなっているような気がしました。
これを見たら、きっと彼の舞台が見たくなることでしょう。

さらにYouTubeを覗いてみましたら、
アン・ハサウェイとのパフォーマンスを含めた
作品紹介などの部分も出ていました。
こちら
作品紹介も舞台を飛び回り歌いまくって魅せ、
舞台を降りてノミニーに話しかけたり
大物らしい?男性の膝にも乗ったりもしまして(^^;)、
おしゃべりを絶やさず
観客に飽きさせる隙など許さない
まさにショーマン精神全開!!のヒューでした。
よい意味でヒュー・ジャックマン・ショウ、と呼んでもいいくらい、
そこにいた人たちはさぞ楽しかったろうなあと思えました。
(スタンディング・オベイションを受けていましたよ~。)

受賞式についてのNY timesの記事がありましたので
リンクを置いていきます。
またJust Jaredにも
ヒューの写真が出てきましたので
こちらも置いていきます。
Gettyもこちらからどうぞ。


今から情報がいろいろ出てきそうですので、
追記が出てきましたら、また改めてm(_ _)m。


Hughjackman2009oscars34

※ 追記といいますか、補足です。

コメント欄にてご指摘をいただきました。
ネットで追っかけている時点では気がつかなかったのですが、
オープニングに流れたのが
アン・ハサウェイとのパフォーマンスを含めた
手作りセットによる作品紹介等のパートで、
こちらで熱いスタンディング・オベイションを受けました。
ビヨンセらと繰り広げたミュージカルパフォーマンスは
その後、中盤に行われたものだそうです。
改めて補足させていただきますm(_ _)m。

|

« ただいま発表中。 | トップページ | 一夜が明けて。 »

俳優さん/ヒュー・ジャックマン」カテゴリの記事

映画情報・よもやま話」カテゴリの記事

コメント

オープニングをネットで見て、歌って踊ってるジャックマンを初めてみました。いやあ、これはかっこいいですね!
今まで、ヴァンヘルシングとウルヴァリンという、ニヒルな役しか見てないので、びっくりです。

投稿: wata | 2009年2月25日 (水) 13時47分

ご覧になっていただけたんですね(嬉)!ほんとうに素敵なんですよ~。
むしろニヒルな役?の方が本当に「演技」で、私はこのあまりのギャップのおかげでファンになってしまったようなものです。ウルヴァリンもカッコいいんですが(最初にはまったのはヴァンヘルでしたが)、歌って踊って満面の笑顔で輝く彼がとても好きです(^^)。

投稿: may | 2009年2月26日 (木) 00時28分

こんにちは。
ヒュー本当にすごかったですねー。
そして今は日本にいる…と思うと、気もそぞろです。

ところでヒューのパフオーマンスですが、ビヨンセやザック・エフロンと共演したのは中盤で、アン・ハサウェイさんをステージに引っぱり上げたほうがオープニングです。
それにしても、並み居る大スターや名優たちが、オープニングからスタンディングオベーションなどというのは、過去に例がないことのようです。やっぱりすごい!

それから、ヒューが膝に乗っていたのは、『フロスト×ニクソン』のニクソン役フランク・ランジェラ氏です。
氏もブロードウェイの名優ですし、旧知の仲だったんでしょうか?

本日は『オーストラリア』プレミア。公開までもあと2日足らずということで、やっぱり気もそぞろです。

投稿: レイチェル | 2009年2月26日 (木) 13時15分

こんにちは。コメントをありがとうございます。そしてご指摘まことに痛み入ります。ほんとにヒューは素敵でした♪
オープニングと銘打たれた画像を探していた当時は全く気がつかず、後日映画サイトの記事を読んであら順序が逆だった・・・と思いはしたのですが、そのままにしておりました。きちんと訂正をしておく方がよいですね(^^;)。
ヒューに膝に乗られてしまった方はそんな大物さんだったのですか。顔見知りでもおかしくはないかなという気がしますが、何をやってもほほえましく受け取られるのはやはりヒューの人徳?のおかげのように思います。
レイチェルさんは生中継をご覧になれたのですね。そしてこんなタイミングで間が抜けていますけど、プレミア当選おめでとうございました!僭越ですが、運などではなくて天からの御褒美ではないかなと思ったりいたしまして、私も嬉しかったです。
プレミア後もまだヒューのインタビューなどありそうですし、なんだか夢のようです。ヒューの日本での人気も上がりそうですし、これで映画も大ヒットしてくれるといいなと期待しています。

投稿: may | 2009年2月27日 (金) 20時59分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ただいま発表中。 | トップページ | 一夜が明けて。 »