« チェ 39歳別れの手紙 | トップページ | そろそろカウントダウン。 »

2009年2月17日 (火)

授賞式まであと一週間。

早すぎる春の陽気はどこへやら、
唐突にまた木枯らしが吹き(違います;;)
まっすぐに寒波の冬に逆戻りしました。
明日からまた
ダウンジャケットのお世話にならなくてはなりません。
くれぐれも体調にはお気を付け下さいませ。

さて、今回のアカデミー賞授賞式の司会をつとめる
ヒューのコメントが出ていましたので、
置いていきます。

Variety Japan
eiga.com

もとのソースは同じようですので
以下、eiga.comの記事を置いてみます。

 来る2月22日、ハリウッドのコダックシアターで開催される
 第81回アカデミー賞授賞式のホストを務める俳優のヒュー・ジャックマンが、
 AP通信の取材に答えて抱負を語った。

 今年は、同賞を主催する映画芸術科学アカデミーの方針として、
 授賞式の演出やプレゼンターとして登場するスターの名前などを
 本番まで明かさないことになっている。
 そのためジャックマンも多くは語れないものの、
 まずは「何と言ってもお祝いなんだから、楽しんでやるつもりだ。
 自分が楽しくなければ、人を楽しませることもできないからね」と
 意気込みを語った。

 コメディアン出身の俳優が務めることの多いアカデミー賞の司会だが、
 歌って踊れるミュージカルスターとして 
 演劇界の祭典トニー賞授賞式の司会を3度経験したジャックマンは、
 むしろその点についてはプレッシャーを感じていないという。
 「誰も僕が7分間にわたって際どいジョークを繰り広げるのを
 期待していないだろう?」。
 その代わり、これまで以上にオーディエンスとの距離の近い
 「親密なナイトクラブ」のような空間にしたいと話した。

 ところで、ジャックマンにはもう一つ、多くを語れないながらも
 これだけは秘密にできないという話があるようだ。
 「助演男優賞が『ダークナイト』のヒース・レジャーに与えられたら
 最高にうれしいね。それが僕の本音だ。 
 彼の演技は十分それにふさわしいものだと思っている」。
 ジャックマンとレジャーは、共にオーストラリア出身の同郷人でもある。


写真に添えられた「司会慣れしているセクシーホスト」のコメントに
つい笑ってしまいましたが
(枕詞のように「セクシー」が付いてくるのって・・・;;)、
「親密なナイトクラブ」が目標なんですか。
この方はやはりそういう雰囲気が好きなのかなと
ちょっと思いました。
純粋に役者として成した仕事への評価として、
また同郷人としても、
ヒューのヒースに対する気持ちはひとしおなのだろうなと思います。
本当に今回は受賞してほしいと思います。

この「箝口令」の期間もあと一週間となりました。
ゴージャスだけど和気あいあいとした
楽しいショウになりそうな気がします。
さて、どんなビックリ箱が用意されているのでしょうか。

|

« チェ 39歳別れの手紙 | トップページ | そろそろカウントダウン。 »

俳優さん/ヒュー・ジャックマン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« チェ 39歳別れの手紙 | トップページ | そろそろカウントダウン。 »