« メリー・クリスマス! | トップページ | そろそろ年越しカウントダウン。 »

2008年12月27日 (土)

ジーザス・クライスト=スーパースター [ジャポネスク・バージョン]

木曜の仕事帰りに観てまいりました。
クリスマス・デイの上演は出来すぎだなあと思いつつ
同じ日に観に来ていた友人の希望で
終演後のトークショーの申込をしました。
ロビーのお客さんたちの表情は
どの方も幸せオーラといいますか、
本当に楽しみに待ってらしたであろう期待感に満ちていて
普段あまりお目にかからないきらきらした目の
温かい笑顔の方ばかりでした。
やっぱり劇場はいいなあ♪

さて、ジャポネスク版です。
エルサレム版は好きで5~6回見ていますが
江戸版とも歌舞伎版とも言われるこのバージョンは初めてで、
顔だけ白塗りの舞台ってどうなんだろうかと
ちょっと緊張しながら席につきました。
全国巡回されていた昔々私はビンボー学生で、
舞台を見るという選択肢が端からなかったのですが、
当時見た友人の感想がなかなかすさまじかったので
(作品の出来うんぬんではなく、
十字架がとんできそうな近距離で見たためか
なんだか酔ってしまったそうで・・・。)
過度な期待は控え気味にして臨んだところ、
不思議な調和のある舞台といいますか、
ずいぶん静かな印象を受けました。
どうしてもエルサレム版と比べて見てしまったのですが、
歌が怒涛のように続く点は変わりないものの
モブが最初から最後まで怒涛のように走り回るということはなく、
静の時間が多いといいますか、
舞台も傾斜のないフツーの状態で淡々と進んでいくので
ずいぶん違った印象を受けました。
前列で見るとわかりにくいかなと思い少し後ろの方の席を取ったのですが、
その必要はなかったかなと思いました。
動きが止まったときの絵や所作に
日本らしい、といえるような要素が加えられているように感じましたが、
日本らしさはなにより音楽に出ていたように思います。
最初の不協和音と風の音(に聞こえるのですが)に
和楽器の音が混じると、
正直いいましてちょっと怖かったりしましたが(爆)、
慣れてしまうと、
日常とは少し違う雰囲気に浸ることができました。
(能や歌舞伎、禅などに代表される「日本」らしさというのは
実際の生活からはとんでもなくかけ離れているのだなと
改めて感じたりもしました。)
問題の白塗りですが、
特別に照明が当たらない限りあまり気にならなかったのですが、
ただカヤパ役(かな)の白ヘルメットが
異星人かロボットみたいで、かなり怖かったです(^^;)。
シュープリームのようなソウルガールたちの
地味派手な衣装をつけたはじけるような笑顔の坊主頭も
やや怖かったかも。
色もの代表(?)のヘロデ王はかなり楽しみだったのですが、
舞妓さん?を引き連れて見得を切る役者ぶりで
良かったのですが、もっと派手でもよかったなあ(無理)。
問題の大八車は友人の話からかなり先入観があったのですが、
地味でシンプルな下働きの役目を果たしていて
いっそ機能的で美しかったです。
元々シンプルな舞台でのお芝居ですが、
なお余計なものを取り除いた簡素でシンプルな舞台装置で、
歌舞伎のような化粧をほどこした役者が浮かび上がるところに
このお芝居の醍醐味があるのかなと
書きながら気がついた次第です(オイ)。
ユダが地面に埋まって消えるのは無理じゃないかと見ていましたら、
大八車の彼方に消えていきました。
うーん、なるほど。

そして役者さんたちですが、
いつから替わったのかわかっていないのですが、
メインキャストがすっかり一新していました。
この日はジーザスに金田俊秀さん、
ユダに金森勝さん、
マリアは高木美果さんでした。
柳瀬さんはプログラムからも名前が消えていて、
今後は金田さんがジーザスをしょっていくのか~と
思いつつ聴いたのですが、
うわ、とぶっとぶ声量で、
繊細さよりも逞しさを感じてしまいました。
声質が丈夫といいますか体自体も大きいように見えました。
歌いこんでいって、
どんどん役の深みを増していっていただきたいなと思いました。
心配だったユダ役は、とてもよかったです。
最初の曲でまずほっとしまして、
終わりに近づいてくるとずっと聴いていたいな~と思ったくらいで、
声も多彩で美しいですが、演技も良かったです。
このお芝居では一番要になる役だと思うのですが、
こちらもさらに進化されることを期待します。
ちなみに芝さんの名前はまだ消えていませんでしたので、
いつかまた再見したいなと思います。
マリアの高木さんは
とても素直で若々しいキレイなソプラノでした。
全体に若返ったなという印象を受けた舞台でした。
この作品はそもそも若者の物語だと私は思っていますので、
いいキャストで見られたなと思いました。
またエルサレム版も再見したいものです。

終演後のトークショーではユダ役とマリア役の方、
(多分)アンナス役の方とモブの方(上條さんだったかな・・・)の
4人の方がいろいろお話をされまして、
質問も受けてくださいました。
司会をつとめた方はカープのシャツを着ていまして
地元チームの衣装をつけて舞台に登場した某氏を思い出しましたが、
個人的には金森さんのコメントを聞けたのがよかったです。
若返った、と思った舞台でしたが、
素顔はとても落ち着いておられまして、
あの声の持ち主と同じとは思えない静かな声で
皆さんに話を振り、時にまとめたりフォローしたり、
無理難題?も実に穏やかかつ冷静にさばいておられまして、
すっごく大人の方でした(^^;)。
キャッツの公演のときにおられたとのことで
名前の記憶がなかったのですが、
調べてみるとキムスンラさんの名前で載っていまして、
全く気がついていませんでした。
どっちも素顔がわからない舞台ですから・・・(苦)。
最後に化粧を落とした出演者の皆さんが全員で
舞台でクリスマスソングを歌って下さいました♪
あとには大きな十字架が残りまして、
クリスマスの意味がことさらによくわかった
クリスマスの夜でした。
今夜の舞台(in呉)が千秋楽となります。
こちらでの食べ物もお酒も
しっかり堪能していっていただきたいと思います。


以上、感想というよりは、印象記になってしまいました。
来年は2バージョンとも東京でかかるとのことです。
行ける方は比べて見てみるのもよいのではと思います。

|

« メリー・クリスマス! | トップページ | そろそろ年越しカウントダウン。 »

舞台(劇団四季)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« メリー・クリスマス! | トップページ | そろそろ年越しカウントダウン。 »