« 一口ネタです。 | トップページ | ウルヴァリン新着フォト。 »

2008年12月 2日 (火)

12月になりました。

12

ついに最後の一枚となりました。12月到来、です。
まだまだひと山ふた山ありますが、
無事に乗り越えられますように・・・。

さて、心配していた『オーストラリア』の
週末の全米興行収入の結果は、5位でした。(→こちら
派手なお話ではないですし、
健闘したということなのでしょうか。
息の長いヒットになることを期待します。
地元オーストラリアでの評判も気になるところなのですが、
どんな様子なのでしょうか。


そしてもうひとつ、
またeiga.comからの記事ですが、
そういうお話だったんですか?と思いつつ読みました。
少し前にIMDbの記事を眺めていて(28日の記事でした)
もっとウルヴァリンを演じたい?というような記事を見かけていたのですが
そのままスルーしておりました;;。
とすると、先だっての日本旅行は
やはり取材だった・・・のかどうかわかりませんけど。
えーと、申し訳ないですが、ちょっとコメントに不安が;;。
またウルヴァリンを演じるというのも
体への負担を考えるとそれも心配だったりします。
全く余計な老婆心ではありますが・・・(_ _;)。

以下、記事を貼ってみます。

 米ピープル誌恒例の「08年最もセクシーな男」に先日選ばれ、
 名実共にトップ・セクシー男優となったヒュー・ジャックマンが、
 来年公開される主演作
 「X-MENオリジンズ/ウルヴァリン」(09年公開)に続く
 続編プロジェクトについて
 米MTVのインタビューに答え、
 続編「ウルヴァリン2」の舞台を日本にしたいと語った。

 「私にとって最も好奇心をそそられるのは、
 彼にはジャパン・ストーリーがあるからなんだ。
 そのジャパン・ストーリーが好きなんだよ」と語ったジャックマンは
 「X-MEN2」の頃から、日本を舞台にした物語を熱望してきたという。
 「ウルヴァリンが日本で、
 ヤクザやサムライたちと一緒にいる画を想像してごらんよ。
 素晴らしい話だよね」

 実際に全米ですでにコミック化されているウルヴァリンの物語では、
 東京でヤクザ一家の跡継ぎであるヤシダ・マリコという女性と出会った彼が、
 戦いののちにマリコに白菊をプレゼントして日本を去る。
 その時彼女に、自分の名前がローガンだと告げる名シーンがある。

 何度も来日しているジャックマンだけに
 日本文化への誤解はないだろうから、
 うまく脚本に組み込まれれば、楽しみではある。


名実ともにトップ・セクシー男優って一体(爆)。
そして、ヤクザや(と?)サムライが一緒にいるっていつのことだろう?
(原作にあるとは聞いていますが。)
・・・やはりなにか不安が残るのでした(^^;)。

|

« 一口ネタです。 | トップページ | ウルヴァリン新着フォト。 »

俳優さん/ヒュー・ジャックマン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 一口ネタです。 | トップページ | ウルヴァリン新着フォト。 »