« ウルヴァリン新着フォト。 | トップページ | いよいよ冬本番。 »

2008年12月 6日 (土)

ランキングいろいろ。

今日帰宅してみたら、
『ダークナイト』DVDが入荷したとのメールが入っていました♪
(発送はまだです。)
発売が決まってから取り急ぎ特別版のDVDを予約して、
バットポッド付きにしようかどうしようか~と悩んでいる間に
アマゾンでは早々に取扱がなくなってしまったので(_ _;;)
結局セブンアンドワイに
バットポッド付きブルーレイディスクを頼んでしまいました。
相当な荒業でしたが(←何しろデッキがありませんから)
いずれ買うなら今欲しい!
ビンボーだといいつつ、
ささやかな自分への御褒美ということにしたいと思います。
(一体いつ見られるのかというツッコミは棚上げ(爆)。)

さて、少し前に出ていたものですが、
eiga.comから目についた記事を置いていきます。

一つ目は
米Yahoo!の映画チームが発表した
今年同サイト上で最も再生回数の多かった映画予告編ベスト10。(→こちら

1位 「ダークナイト」
2位 「インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国」
3位 「トワイライト/初恋」
4位 「インクレディブル・ハルク」
5位 「アイアンマン」
6位 「ハリー・ポッターと謎のプリンス」
7位 「ウォンテッド」
8位 「ハンコック」
9位 「セックス・アンド・ザ・シティ」
10位 「カンフー・パンダ」

皆さん予告って見られるんですね~と
すっかり自分を棚に上げていますが、
単に我が家のPC(というか接続)が遅いもので
なかなか見られないというだけのことです;;。
ダークナイトがトップになった原因の一つには
とにかく宣伝が上手かったことがあったのかな~と思いました。
(日本ではもう皆無に近いくらい前宣伝を聞きませんでしたが。)
海の向こうでは
ネット上で視聴者を巻き込んだ参加型で
大展開していましたので、
そのあとの空前の大ヒットは
作品自体の完成度・質の高さと相まった結果かと思います。
映画の公開前から公開以降にいたるまで
このくらい盛り上がった作品というのは
稀のような気がしますが、どうでしょうか。

最新の記事によりますと、
米i-Tunesストアでダウンロードされた映画でも
『ダークナイト』がトップになっていました。
納得の結果でもやはり凄いなあと思います。
今さらですが、本当に大ヒットだったんですね。)


さて、もう一つはこちら

英エンパイア誌が読者投票を集計した
「史上最高の映画キャラクター100人(100 Great Movie Characters)」について。

第1位は、デビッド・フィンチャー監督作「ファイト・クラブ」の
ブラッド・ピットが演じたタイラー・ダーデン。
同じくこの映画がいい!というようなアンケートでも
「ファイト・クラブ」が出ていたのを見た記憶があります。
やはりブラピはスーパースターなんですね。
第2位は「スター・ウォーズ」シリーズのダース・ベイダーで、
第3位は「ダークナイト」でヒース・レジャーが演じたジョーカーが選ばれたそうです。

ダースベイダーだけ特に俳優さんの名前がなくても
疑問に思わないのもなんだかなんですが、
以下20位まで貼ってみます。

1位 タイラー・ダーデン:ブラッド・ピット/「ファイト・クラブ」
2位 ダース・ベイダー:デビッド・プラウズ、ジェームズ・アール・ジョーンズ(声)
   /「スター・ウォーズ」シリーズ
3位 ジョーカー:ヒース・レジャー/「ダークナイト」
4位 ハン・ソロ:ハリソン・フォード/「スター・ウォーズ」シリーズ
5位 ハンニバル・レクター:アンソニー・ホプキンス/「ハンニバル」シリーズ
6位 インディアナ・ジョーンズ:ハリソン・フォード
  /「レイダース/失われた聖櫃《アーク》」
7位 ザ・デュード:ジェフ・ブリッジス/「ビッグ・リボウスキ」
8位 ジャック・スパロウ:ジョニー・デップ
  /「パイレーツ・オブ・カリビアン」シリーズ
9位 エレン・リプリー:シガニー・ウィーバー/「エイリアン」シリーズ
10位 ドン・ビトー・コルレオーネ:マーロン・ブランド/「ゴッドファーザー」
11位 ジェームズ・ボンド:ショーン・コネリー/「007/ゴールドフィンガー」
12位 ジョン・マクレーン:ブルース・ウィリス/「ダイ・ハード」シリーズ
13位 ゴラム:アンディ・サーキス/「ロード・オブ・ザ・リング」シリーズ
14位 ターミネーター:アーノルド・シュワルツェネッガー/「ターミネーター」
15位 フェリス・ビューラー:マシュー・ブロデリック/「フェリスはある朝突然に」
16位 ネオ:キアヌ・リーブス/「マトリックス」
17位 ハンス・グルーバー:アラン・リックマン/「ダイ・ハード」
18位 トラビス・ビックル:ロバート・デ・ニーロ/「タクシードライバー」
19位 ジュールス・ウィンフィールド:サミュエル・L・ジャクソン
   /「パルプ・フィクション」
20位 フォレスト・ガンプ:トム・ハンクス/「フォレスト・ガンプ/一期一会」


シリーズものがやはり知名度も高くなりますし
強いのかなと思う一方で
単品?でもきっちり入るものが入っている、という感じがしました。
トム・ハンクスはやはり名優なんですね。
これだけ見ただけでも
タイトルは知っているけど見ていないものが結構あり、
やはり遅れてきた映画ファンの私でありました;;。
でもエイリアンも007(旧シリーズ)も
苦手だしなあ・・・(^^;;;)。

指輪からは堂々?ゴラムが選出されていました。
映画化にあたっては困難が山積みだったと思われますが、
やはりあの画期的ともいえるゴクリあっての成功と言えるわけで、
ということは、
やはり映画化はそれだけの技術力と粘りを持つ
PJでなければ無理だったわけで、
続編についても
クリーチャーの映像化に長けたデル・トロ氏は
適任だということ・・・なのでしょう。
(個人的にはクモもゴブリンも
あまり長時間にわたって見たくはないんですけどぶつぶつ;;。

そして3位のヒースは納得の選出ですが、
特に日本での宣伝では
彼が若くして亡くなったことばかりが目につきましたが、
そんなことがなくても
選ばれたのではと思います。

来週にはDVDが届くので
特典だけでも目を通したいなあと思っております(^^)。
ゆっくり見られるのは年末年始になるでしょうか・・・。

|

« ウルヴァリン新着フォト。 | トップページ | いよいよ冬本番。 »

映画情報・よもやま話」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ウルヴァリン新着フォト。 | トップページ | いよいよ冬本番。 »