« 「うそうそ」放映決定。 | トップページ | 『オーストラリア』スチール12点。 »

2008年11月 7日 (金)

『オーストラリア』日本公式サイトオープン。

昨日更新をしようとしましたところ
なかなかページを開けず、
ふと右下のバーを見たら

ノートン君がえんえん脅威と闘ってくれていましたので
素直に寝ることにしました。(^^;)
今日は問題なく立ち上がってくれたのでほっとしました;;。

さて、レイチェルさんのところで
『オーストラリア』の日本公式サイトが出来たと
教えていただきましたので、
こちらでも上げさせていただきます。
こちらによりますと、
公開は来年の2月28日に決まったようです♪

映画「オーストラリア」公式サイト


ちなみに皆さんも指摘しておられましたが、
ウェナムさんの表記が「デヴィッド・ウェンハム」になっています。
Foxさん、彼は「ウェナム」さんですから。
くれぐれもよろしくお願いします。(←隅っこで言ってみました。)

本家?のページの日本欄は
まだ出来ていないようなのですが、
このままcomingsoonのままなのかどうかは今のところ謎です;;。
USサイトを選ぶと海外版の予告編なども見られます。



そして、いよいよ明日8日より日本公開の
『彼が二度愛したS』ですが、
ユナイテッドシネマから来ていたメールでも
注目作に取り上げられていまして、
ここに来て思いのほか宣伝がされている雰囲気です。
(キャストの来日の話は聞きませんでしたけどTT。)
シネマトゥデイ
では
怪しすぎるキャンペーンについて記事が出ていまして
そのあたりには全くついていけないものを感じるのですが;;、
フレーズが少し嬉しかったりいたしました。

 ユアン・マクレガー、ヒュー・ジャックマンという
 大スターが出演している映画だが
 高級会員制秘密クラブが舞台になっているだけに、
 なにやら怪しい雰囲気を醸し出している。

 2大スターが競演するメジャー感あふれる映画だけに
 この怪しすぎるバイラル動画は
 かなり思い切ったキャンペーンといえるだろう。

・・・なにかほかの映画の話を聞いているような気がしてしまいましたが(爆)、
とりあえず取り上げてくださって(さらに持ち上げてくださって)
ありがとうございます。

また、eiga.comでは
日本公開前のヒューのインタビューが出ていました。
目新しい内容ではないですが、
プロデューサーとして
新たな種類の役に挑戦した役者としての気持ちを
語っていまして、
日本に向けてのコメント(↓)付きなのも嬉しいです(^^)。

 「僕もニューヨークで長く暮らしたことがあるんだけど、
  小さな島に900万人もの人間が暮らしているんだ。

  人間がひしめいているんだけど、それぞれが孤独を感じている。

  この映画のそういうテーマ性にこそ、僕は惹かれたんだと思う。

  大都会で暮らす現代人に共通のテーマだと思うから、

  日本の人にも共感してもらえると思うよ」

さすがにターゲットは大人でしょうから
どういう展開になるのか想像もつきませんが、
ヒットしてくれるといいなあと思います。

|

« 「うそうそ」放映決定。 | トップページ | 『オーストラリア』スチール12点。 »

俳優さん/ヒュー・ジャックマン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 「うそうそ」放映決定。 | トップページ | 『オーストラリア』スチール12点。 »