« 予告編ほかつぶやき。 | トップページ | 秋深し、です。 »

2008年10月27日 (月)

ゲットスマート

いやはやなんといいますか、
思いのほか正当アクションも見せてくれ、
ハートフルな見せ場?もあり、
「くすっ」と笑えるスパイ・コメディでした。
予告を見ていた印象では
ロレンス(@エロイカ)級のズレ具合を期待していたのですが、
スティーブ・カレルが演じるスマートさん、
大変普通です。まともです。
若干下ネタもあったり
勘違い的な言動もあったりするわけですが、
そもそもがとびきりの才能を持つ情報局の分析官なので
その能力もいかんなく(いや時々かも)発揮され、
ビシバシに固いプロフェッショナルの女性スパイに
あきれられながらも
徐々に才能を生かした独特のスパイ術(なんだそれ)を
自分のものにしていきます。
彼はスパイに不適格だったわけではなくて、
どうしてもなりたくて志願し
抜群の成績で合格したものの(論文に関してはとにかく)
職場が手放してくれずに転職を保留にされていたところ、
思わぬことでスパイになれることになってしまう・・・という展開で、
とにかく真面目で真っ正直、かつおとぼけもあり。
でもあちこち抜けている様子が笑わせてくれるのでした。

お話の展開は
まあ、ありえないだろう~というゆるさや、
詰めが何か甘いなあという感もありましたが、
とにかくコメディですから(^^)。
ありえないことだろうけど
どことなく人間の優しさを感じるシーンも多々ありまして、
なんだかほっとするところがありました。
ラストに至っては
はじめからそうしておいてくれれば、と
思ったりもしました。
なんて人情も人望
もないボス。
整形美人スパイの(好きでやったわけではなかったですが
アン・ハザウェイは
アクションがなかなかよかったです。
お化粧がこんなに濃かったかなと余計なことを考えていましたが、
実はなんでも出来ますね、この方。
なにかとかばってくれる敏腕スパイにロック様(ドウェイン・ジョンソン)、
チーフ役はアラン・アーキンで、
見ていて楽しかったです。
オタク二人組と呼ばれていた情報局?の二人が
なかなかいい味を出していましたが、
この二人でスピンオフが出来るとか。
確か『ゲットスマート』の続編の製作も決まったと聞きましたし、
ほんとに海外では大ヒットだったんですね。
日本で公開してくれるかどうか危ぶんでいたのですが
地味ですが思いのほか好評のようなので
ほっとしました;;。
ちなみに、ビル・マーレイがいることに気がつかなかったのですが、
調べてみると13号だったようです。
次々に倒されてしまったスパイの一人だったのでしょうか;;。

昔のテレビシリーズのリメイクとは聞いていましたが、
原案・監修にメル・ブルックスの名前が連ねてありまして、
なんとなく、ふかーく納得できました。
ゆるくて、ちょっとベタでハートフルで、
アクションもお笑いも詰め込んである映画でした。
力を抜いて、ただ楽しんで見たい方におすすめです。

|

« 予告編ほかつぶやき。 | トップページ | 秋深し、です。 »

映画感想」カテゴリの記事

コメント

お久し振りです。
ちょっと気になったので。
「続きを読む」になっていたので、クリックしたのですが、記事が出てきませんでした。先日、不具合が発生していたので、念のため、お知らせしておきますね。

投稿: てんてん | 2008年10月27日 (月) 21時20分

こんにちは。ご指摘をありがとうございます。
えー、これは私が機能を使いこなしていないだけなのです;;。文章がずるずると長くなる傾向があるので、さわりの部分とそれ以降に分けた方がいいかなと思いつつついついそのまま打ち続けてしまい、後半の部に入力しないでいると「続きを読む」の表示が出なかったのでそのままにしておりました。どのケースで出てどのケースで出ないのかきちんと確認しないまま放置していましたので、無駄にお手間をとらせてしまいましたm(_ _)m。
取り急ぎ入力形式は元に戻そうかと思うのですが、内容もかなりとり散らかってきたのでもう少し整理をした方がいいんだけど~と気になりつつもなかなか手が出ません。そのへんもお見逃しいただければ幸いです(^^;;)。

投稿: may | 2008年10月29日 (水) 00時01分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 予告編ほかつぶやき。 | トップページ | 秋深し、です。 »