« やはりナイスガイ♪ | トップページ | Happy Birthday,Hugh!! »

2008年10月11日 (土)

ちょっとだけ続報。

今朝もあれこれを片付ける合間に
四季の予約電話などもしまして
(悩んでいたジーザスのジャポネスクバージョンですが
結局取りました。
クリスマスの上演は出来すぎな気がしますが)、
洗濯物を干しつつ、映画情報番組を横目で見ました(^^;)。
最後にやっときちんと見られた「シネマボイス」では、
いきなりジェリーさんが、
この番組を見てくれてありがとう、などとおっしゃるので
なんのことかと思いきや、
7年続いた番組の最後は僕なんだよ~と続けられました。
えーと、ゲストがインタビューで言うことかしらと思いつつ;;、
あまりの明るさとなつっこさに
インタビューを2回に分けてほぼノーカットで放映してくださったようで、
この点は感謝、感謝です♪
次週から2週間は総集編を放映するようです。

さて、以前クリスチャン関係の報道のときにお世話になった
こちらのサイトさんからいただいてきた情報です。
まだまだずーっと先の話である映画『ホビットの冒険』ですが、
またデルトロ監督のお話が出ているとのことです。
記事元はこちら

実質的にはあまり変わりがないことかもしれませんが、
これまでは
①『ホビットの冒険』の部分
②その後のお話の部分
の二つを二部作として製作するということでしたが、
そうではなくて、
①『ホビットの冒険』(を膨らませた物語)
を、前後編に分けて製作する、
という方向にする・・・というようなことのようです。

“The reality is that we stopped talking the first movie and second movie, and we just started taking about the movie - the two episodes, or two parts, as if they were a single piece of narrative,” he said of scriptwriting meetings between “Lord of the Rings” director Peter Jackson, his filmmaking team of Fran Walsh and Philippa Boyens, and del Toro himself.

“We don’t even call it the bridge movie, we just call it ‘The Movie.’ And this is great. When we found what reverberated, and we found it in one of our virtual meetings - we understood. It’s a movie.”

実質変わらないというのは、
「前編」のラストが
『ホビットの冒険』のかなりクライマックスのあたりまで
行ってしまいそうだからなのですが
(一応白文字でスマウグはとにかく退治されてしまうようです)、
最初の構想を聞いた時に
二本目の映画を「後編」と呼ぶには不自然な感じがしていましたので、
個人的にはこの方がよいような気がします。
結果的には同じことになったかもしれませんけど(爆)。


『ロード・オブ・ザ・リング』の公式ガイドブックの
おしまいに載っていたPJのコメントに
「わたしはこんな日が来ることを願っている。
(中略)三本の映画が別々のものではなくなって、
またひとつの大きな物語になる日を」
というのがありましたが、
いつか五本の映画が
一度に上映される日が来るかもしれません。
(いや一日じゃ済まないでしょうけど。)
すでに三本通しの上映が
今となっては当然のように実現していることを考えますと、
夢は現実になるものなのだなあと
感動すら覚えます。
また長い待ち時間になりそうですが、
二つ目のお祭りの経過を見届けられたらいいなと思います。

まだ撮影すらはじまっていないので、
鬼に大笑いされそうですが(^^;)。

|

« やはりナイスガイ♪ | トップページ | Happy Birthday,Hugh!! »

ホビットの冒険」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« やはりナイスガイ♪ | トップページ | Happy Birthday,Hugh!! »