« ちょっとだけ奈良。 | トップページ | 9月到来。 »

2008年8月31日 (日)

『ダークナイト』再見。

そういうわけで、朝から『ダークナイト』を見てまいりました。
いつものことではあるのですが、
「2回目からはまる」の法則(えー多分私だけです)がぴったりとはまりました。
久しぶりに心の底からじわじわと熱いものが湧き上がってきて、
ああ、本当に素晴らしい!と思いました。
ノーラン監督はやはり天才だった、とか
キャストスタッフのアンサンブルで
これ以上のものはないだろう、とか
いろいろフレーズが浮かびましたが、
見終わるころに浮かんできたのは
もう一度見たい、もっと見たい、という気持ちでした。
(我ながらなんでこう反応が遅いんでしょう;;。)
第一作の『ビギンズ』も劇場ではまってリピートしたのですが、
あの時は台詞の全てがどこかの伏線になっていることに驚いたのですが、
今回は台詞を全て覚えていられないくらい
さまざまな関係のピースが散りばめられていて、
あそこもここも見切れていない!と思うくらい
実にバランスよく整然と、沢山のエピソードが語られていたように思います。
(↑単に物覚えが悪くなっている可能性も大です。)
それなのに詰め込み感もなければ
無駄な時間もエピソードもない。
これを天才と言わずしてなんと言ってよいのか。
「職人」の方が褒め言葉になるかもしれません。
本当に久しぶりによいものを見た幸せに浸りました(本当に遅い・・・)。

初見のときにはおおキリアンが出てる、とか、
香港ロケのあの場面はああいうことだったのか、とか、
ナースにまでなるか、とか、
細かいところに気持ちが行ったり、
銀行強盗にはじまり巨大トレイラーがひっくりかえり
空中で大立ち回りを演じるなど
ジョーカーの卑劣きわまりない行いや
矢継ぎ早に起こり続ける大惨事の数々、
バットマンへの歪んだ愛情(?)などに
うわ~~、重いよ~~などと思っていたのですが、
不思議なことに今日は全く暗さも重さも全く感じませんでした。
ただ各キャラクターの心情にピントを合わせるのに集中していたようで、
最後はブルースの覚悟と哀しみに同調して
すっと涙が出ました。
なんと赤裸々に人のエゴのむき出しになる街であるのか。
(そのへんは間違いなくジョーカーの罪ですが。)
人の強さとは何であるのか。
また弱さは裏を返せば優しさになるものではないのか。
何でも人のせいと言い換えたりごまかしたり、
ひっくりかえった言葉を使うのはサルマン様だけではないなとしばしば思う
現代を思わせるシーンも多々ありましたが、
それでもゴッサムを愛しているブルースの
哀しいまでの強さに救われ、
また涙してしまったのでした。
そしてブルース坊ちゃまはやはり可愛かったのでした。
頑張れ坊ちゃま、アルフレッド頼んだぞ~、などと叫び、
すっかり世界に埋没してしまいました。
まだ見たりないところがいくらでも出てきそうなので、
もう一度映画館で見たいのですが、
いつまでかかっていることやら。
9月公開だったというのに10月に入ってから見に行って、
結局3週間で5回通った『ヴァン・ヘルシング』のようです。
(あの時は物語にではなく(爆)ヒューにはまったのでした。)
取り急ぎあと一回でいいんですが;;。

やっと夏休み期間が終わるということで
映画の予告編も一心して秋、になっていました。
嬉しいことに『彼が二度愛したS』の予告が真っ先にかかりまして、
悪役ヒューが実に楽しそうでした。
『ゲットスマート』も10月11日公開ということで予告がかかり、
やはり見たい、と思いました。(脱力系コメディも好きです。)
『彼が二度愛したS』の前売りを確保したのですが、
『P.S.アイラブユー』と
ナタリー・ポートマンとスカちゃん共演の『ブーリン家の姉妹』の前売りも
一緒にゲットしてきました。
ちなみにおまけグッズは
携帯のスクリーンカット、四葉のクローバーの球根、
Bの文字の入った小さなチャームでした。
当然『ダークナイト』のパンフレットも入用でしたので
いっそ堂々と胸を張って買ってみました(威張ってどうする)。


明日からいよいよ9月となり、
多くの学校で新学期がはじまります。
宿題の追い込みがそろそろ済んでいるであろうお母様方
ご苦労さまでした~。
さあ、元気を出して行きたいと思います(^^)。

|

« ちょっとだけ奈良。 | トップページ | 9月到来。 »

映画感想」カテゴリの記事

コメント

「ダークナイト」見ました。ネタばれ回避で読んでなかった記事を拝読しています。

「2回目からはまる」は私もあります。1回めに良かったと思わなければ2回目は見ないわけですが、2回目3回目でどん!とハマることがあります。

ダークナイトは、評判聞いて覚悟はしてたけど、映画見終わって、面白かったとか充実感をが残るのではなく、うわ、ほんとに重いよ、これ -_-;; でした。
どよ〜んとした気分で、また見たいような見たくないような・・・。

でも、感想を拝読して、また見てみようと思いました。
映画館は機会なさそうなので、DVDで。
何となく、もう1〜2回見るとこの世界にハマりそうな予感がします(苦笑)。

投稿: wata | 2008年9月 7日 (日) 16時26分

こんにちは。コメントありがとうございます。
「ダークナイト」ご覧になったんですね。2回目には重さとダークさからなぜか解放されまして、やっと凄さの片鱗を体感できたような気がしました。(公開前から情報は読んでいたんですけど;;。)「王の帰還」の10数回(15回?)には及びませんが、何度でも映画館で見たいなと思いました。(しかしいまだに台詞を全部覚えきれてないのでした;;。)
またDVDで再見された際のご感想も伺いたいです。心ゆくまで楽しんでいただけると嬉しいのですが。

投稿: may | 2008年9月 9日 (火) 02時42分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ちょっとだけ奈良。 | トップページ | 9月到来。 »