« 今日の新聞・TVから。 | トップページ | 百万円と苦虫女 »

2008年8月 3日 (日)

『ダークナイト』先行上映。

今日の午後の回の『ダークナイト』先行上映に行ってきました。
シネコンでの上映のみでしたので
郊外にあるシネコンに足を伸ばしたのですが、
結構空いてるなあ・・・と少し心配になりました。
その代わり鑑賞姿勢のよい方ばかりで、
中には気合の入ったファンの方もいらしたのでしょうか。
前売りを買い足したので、
次回はもっと大きいシアターで見たいな~と思いましたです。

作品ですが、
何を書いてもネタばれになりそうです(爆)。
楽しみに待っていた方には特に
隅から隅まで気になることでしょうから(←私がそうでした)。
ちまちま見ていた映像などを、
お、ここだ~と確認するのも楽しかったです。

なので、印象のみ書きますが
(それでもネタばれになるところは白文字で)、
なんといいますか、大人向けの実に細やかな心理劇、でした。
ド派手なアクションや爆発シーンがあれだけあって、
相当にやかましかったはずなのですが、
私には静かな物語、の印象が残りました。
全体のトーン(特にラスト)が哀しみを帯びていて、
それに気持ちが支配されたのかもしれません。
ブルースのお坊ちゃまぶりなど
浮かれて華やかなシーンが少なかったのもありまして、
たまに出てくるアルフレッドの存在がやはり貴重でした。
バットモービルのご挨拶もおちゃめで良かったです。
凝りに凝ったメカニック、
徹底的に追求されたリアリティ、
この世界に生きるキャラクターを完全に再現して
さらに息づく人間に作り上げた俳優陣は
前回同様、もしくはグレードアップした感がありました。
その上に作り上げられたのは
人の心の善悪、表と裏、強さと弱さなど
根源的なものを秤にかけて試される「ゲーム」の物語で
(どう考えても人の弱みにつけこんで試す奴の方が悪いんですが)、
これだけ裏切り者だらけの街でよく暮らしているよなあ・・・と
違うところでため息をついたのですが、
強い心を示したのがむしろ
オレンジの服を着た囚人だったのが
皮肉だったのか救いだったのか、
いずれにしても、フェリーのシーンは一つの救いでした。
(人々は)真実では納得(満足?)しない、という台詞と、
ラストの「暗黒の騎士の誕生」のシーンが
なんとなくクリスチャンに重なりまして(TT)
エンドロールの名前を見ながら心の中で声援を送っていました。
真実を言葉にするだけが正義ではないのですよ。


俳優陣についてはほんとに誰についても
何の不足もありませんでした。
ジョーカー=ヒースは
・・・ほんとにこんなのがいたら困るぞ・・・と思える
変幻自在のトンデモ野郎で、
やはりこの第2作は彼が主役で作られたのだなと思いました。
(考えてみるとシリーズ物とはそういうものでした。)
第1作できっちり描かれた定キャラが
通奏低音のようにしっかりと支える中で、
バットマン=ブルースの苦悩や哀しみなどは
きっちり出ていたと思います。
もう一人の今回の主役である「光の騎士」
ハービー・デントもとてもよかったです。
正義の側であるブルース、ハービー、ゴードン警部と
悪の側であるジョーカーががっぷりと組みあった、
それぞれが旋律を織りなす
(正義の側もまた一枚岩ではない)
管弦楽のような作品だったかな・・・と思い返しています。
そして「禁じ手」ですが、
多分これだろうな・・・と思いながら見ておりました。
思ったほどコワクはなかったジョーカーだったのですが
(恐ろしいことに可愛らしさすら浮かべていたかも)
気持ち混沌としたものが心に残っていますので、
もう一度、じっくりと見てきたいと思っています。


また見直しましたら、改めて書き足すこともあると思います。
今日のところはこのあたりでm(_ _)m。

|

« 今日の新聞・TVから。 | トップページ | 百万円と苦虫女 »

映画感想」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 今日の新聞・TVから。 | トップページ | 百万円と苦虫女 »