« 幻影師アイゼンハイム | トップページ | 公開まであと一月。 »

2008年7月 8日 (火)

小ネタごたませ。

急に蒸し暑くなりまして、
周囲でも早くも寝苦しいという声が聞こえるようになりました。
(なぜかエアコンの壊れたお宅が揃ってあちこちに。)
まだ梅雨も(このへんでは)明けてないんですけど、
先が思いやられます(_ _;)。
寝られない~という家人ほかに
先日届いたピカイチ事典の本麻パッドを検討したり
こまごまと考えつつも
なかなか先に進まないこの頃です。

さて、しばらくこれという小ネタにぶつからないな~と思っていましたら
ぼーっとしている間にいろいろ出ていたようですので;;
アンテナにかかったものをさくさく置いていきます(^^)。
情報元は、特に断りがないものはシネマトピックスさんです。

まず一つ目はウルヴァリン関係です。

 ギャヴィン・フッド監督、ヒュー・ジャックマン主演の新作
 "X-Men Origins: Wolverine"の
 プロモーション画像が公開されたようだ。(ComingSoon.net)


続きまして、いつのまにか(爆)しっかり出来上がっていたこちら。

 ミュージカル映画"Mamma Mia!"のプレミアが4日、
 ストックホルムで行われ、
 メリル・ストリープ、ピアース・ブロスナン、コリン・ファースらと共に、
 アグネッタ・フォルツコグ(Agnetha Faltskog)、 
 アンニ=フリード・リングスタッド(Anni-Frid Lyngstad)、
 ビョルン・ウルヴァース(Bjorn Ulveaus)、 
 ベニー・アンダーソン(Benny Anderson)の4人も出席、
 22年ぶりに公の場で顔を揃えたらしい。(ロイター)

やや詳しい記事をeiga.comからどうぞ。

 1970年代から1980年代にかけ活躍した 
 スウェーデン出身の人気グループ「アバ」のメンバー4人が4日、
 当地で行われた映画「マンマ・ミーア!」のプレミア上映会で
 数年ぶりにファンの前に姿を見せた。
 ベニー・アンダーソン、ビョルン・ウルバース、
 フリーダの愛称で知られるアンニ・フリード・リングスタッド、
 アグネタ・フォルツコグの4人は、
 大勢のファンの声援を受けレッドカーペットを歩いた。
 4人そろっての公での活動は1986年が最後とされているが、
 1999年には友人の誕生日会で一緒に歌ったとの報道もあった。
 同映画は、「ダンシング・クィーン」や「テイク・ア・チャンス」など
 アバのヒットソング22曲をフィーチャーし、 
 世界中で公演されてきた同名のミュージカルを映画化したもので、 
 メリル・ストリープやピアース・ブロスナン、コリン・ファースなどが出演している。

さらにその続報はこちら。

 新作ミュージカル映画"Mamma Mia!"からの
 クリップ13本が公開されたようだ。(Yahoo!)


次はおめでたいお知らせです。
やっと待ちに待ったお子さんがニコールのもとにやってきました。
無事のご出産でなによりです。本当に良かったです(^^)。

 ニコール・キッドマン、キース・アーバン(Keith Urban)夫妻に7日、
 第1子となる女の子が誕生したようだ。(ロイター)

こちらも同じ記事でもう少し詳しいものをeiga.comから。
名前をつけたのは夫のキース・アーバン氏で
サンデー・ローズ・キッドマン・アーバンちゃんとなるそうです。


続いて舞台の話題になりますが、元の映画がよかったので
少し気になるところです。

 「キンキーブーツ」("Kinky Boots",2005年)の舞台化権を、
 ブロードウェイのプロデューサー、ダリル・ロス(Daryl Roth)と 
 
ハル・ルフティヒ(Hal Luftig)が獲得したようだ。
 ミュージカル化する計画で、
 「キューティ・ブロンド」("Legally Blonde",2001年)の
 舞台化などを手がけた
 ジェリー・ミッチェル(Jerry Mitchell)が監督に向けて交渉中らしい。
(ロイター)


最後はシネマトゥデイから。
まもなく公開になる(8月9日ですよ~!!)『ダークナイト』ですが、
ほんとにバットマン3部作になる・・・のでしょうね、これが本当なら。

 映画『バットマン ビギンズ』『ダークナイト』に続く
 新しいバットマン映画の悪役が明らかにされた。
 『ダークナイト』でジェームズ・ゴードン警部補を演じている
 ゲイリー・オールドマンがインターネットサイトMovieWebに語ったところによると、 
 
3作目の悪役はリドラーのようだ。
 
『ダークナイト』でジョーカーを演じたヒース・レジャーが亡くなったことで、
 今後ジョーカーは映画に登場しないのかファンならずとも気になるところだが、
 「(ジョーカーの配役変更を)すればいいよ。
 つまりケイティ・ホームズの役柄(レイチェル)を
 マギー・ギレンホールに変更しただろう。
 ヒースの場合は違う状況だということはわかっている。
 でもほかの俳優でもジョーカーを演じられるはずさ。
 ヒースだってそれを望んでいると思うね」と語ったうえで、 
 「多分ジョーカーは必要ないね。なぜならリドラーがいるからさ」と
 オールドマンは今度の悪役がリドラーであることをほのめかした。
 リドラーことエドワード・ニグマは狂信的なコンピューター愛好癖があり、
 パズルやナゾナゾを好み、 
 クエスチョンマークがプリントされた衣装を着用している
 天才的な頭脳犯だ。
 映画『バットマン・フォーエヴァー』に登場し、
 同作ではジム・キャリーが壊れた演技で好演した。

私としては、
バットマンとオヤっさんたちが交代しなければ、
なんの文句もないのですが(爆)。
ヒースのジョーカー役はオスカーに値する、という
共演者たちがコメントしていると聞きます。
宣伝の当初からジョーカーが目立ちまくっていたことを思うと
やはり『ダークナイト』のメインはジョーカーのようです。
気合を入れて先行に行けたら行きたいです。あればですが・・・;。



いろいろごたまぜになってしまいましたが、
今日はこの辺で、おやすみなさいませ(^^)。

|

« 幻影師アイゼンハイム | トップページ | 公開まであと一月。 »

映画情報・よもやま話」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 幻影師アイゼンハイム | トップページ | 公開まであと一月。 »