« Comic-Conのヒュー。 | トップページ | 内緒かもしれない話。 »

2008年7月30日 (水)

『ダークナイト』ジャパンプレミア。

28日には無事『ダークナイト』ジャパンプレミアが
とどこおりなく行われ、
和やかかつ大変な盛況だったようです。
実際に会場に駆けつけた方々のお話を読ませていただくと、
クリスチャンも笑顔で元気そうだったようですし、
ああ本当によかったよかった(^^)。
この写真などたいへんよい感じです♪

プレミアの写真はこちらから見られます。
(翌日の記者会見はこちら。)


すでにあちこちの映画サイトに記事が出ていますが
Variety Japanからリンクを一つ置いてみます。

C・ベールがノーラン監督がH・レジャー追悼
『ダークナイト』ジャパンプレミアで惜しみない拍手


また、いつものシネマトピックスさんでは、
こんな風にコンパクトにクリスチャンのコメントがまとまっていました。
「ヒース(・レジャー)の素晴らしい才能が
人々から賞賛されていることに満足している。
彼のことを評価して欲しいんだ。
例えこんな記録破りの大ヒットにならなかったとしても、
この映画に関われて嬉しい。
いつもは5人くらいしか観に行かない映画に出ているからね。」
ああ本当に余裕をかましてくれているようで嬉しいです~。
ちなみに公開された作品の評価は
駆けつけたファンの方のコメントを見ても、
また映画ライターさんの評を見ても(こちらなど)
軒並み最高点に近いようです。
非の打ち所がない中、強いて言うなら
上映時間の長さと俳優の熱演が過ぎるところ・・・なんて
素晴らしいじゃないですか。
つい絶賛モードに入ってしまいましたが
まだ未見なのでした;;。
つくづく、日本でもヒットして欲しいと思います。
これはやはりどうでも
先行上映に行かなくてはならないでしょうか!
そして前売りを買い足さなければ・・・。

もはやどこまで伸びていくかわからない記録ラッシュの興収は
公開10日間にして3億ドルを突破したそうで、
来週には4億に届いてしまうのではないか?という見込みも
出されているとか。

史上最短3億ドル突破『ダークナイト』新記録連発

もうこの際どこまでも行っていただきたいものだと思います(^^)。
映画が出来上がって公開されるまで
実に様々な艱難辛苦がありすぎるほどあった作品ですが、
ほかならぬ観客が結果を出してくれたのだと思います。

例の心無い報道のその後については前に書きましたが、
クリスチャンの方が自身の家庭をも含めて「脅迫され」、
挙句に暴行事件を「でっち上げられて」、
ロンドンプレミアを妨害されたというのが事実らしい、という
報道が出ていると聞きました。
日本のメディアにははっきりとした訂正が出ませんが、
誤解を解いてくれること、
またはせめて誤った報道を繰り返すことがないことを
願っています。
上記情報元のリンクは不明なのですが、
こちらのサイトさんを読ませていただきました。
(→http://blog.livedoor.jp/hirobillyssk/
またシネマトゥデイに出た記事の元(デイリーメール・オンライン)は
こちらではないかと思われます。
そのソースはまたサン紙のようですが;;。


最後に、シネマトピックスさんで目に付いた記事を。

 TVシリーズ「バットマン」("Batman",1966-68年)で
 キャットウーマンを演じた女優のジュリー・ニューマー(Julie Newmar)は、
 クリストファー・ノーラン監督による
 シリーズ第3作でのキャットウーマン役について
 「アンジェリーナ(・ジョリー)が演じるでしょう。
 業界の友人が、彼女に依頼したと教えてくれたわ」と語ったらしい。(その他)

アンジー姐さんが演じるかどうかはとにかく、
次はキャットウーマンが出るのか??という点が
気になるのでした(^^;)。

|

« Comic-Conのヒュー。 | トップページ | 内緒かもしれない話。 »

映画情報・よもやま話」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« Comic-Conのヒュー。 | トップページ | 内緒かもしれない話。 »