« 撮影シーンフォト。 | トップページ | ハンド・ヒーリング講座。 »

2008年6月13日 (金)

野菜のおいしい簡単ごはん。

TheOneRing.net
マカヴォイさんに「事の真偽を聞いた」(ややオーバーか;;)という
記事が出ていました。
James McAvoy says he’s NOT Going to be a HOBBIT.
リンク(ソース?)はこちらなのですが、
取り急ぎ現時点では
ビルボを演じるというのはただの噂だよ、
・・・という本人のお答えだったようでした。
これは短すぎる記事だし、
彼から聞いた話を全部明かしているわけではないけれど、と
言い添えてありますが、
今の時点でオファーがあったかどうかについて
真偽が明かされるとは思えませんし、
ただの噂、と考えるのが無難な気がいたします。
個人的には、製作サイドが
この人に是非演じて欲しいと考えた俳優さんは
一体誰だったのかが気になるところなのでした。
今後のさらなる噂の展開が待たれます(^^)。←完全に面白がっております(爆)。


さて、お話はがらりと変わりまして。
今週はなにかと気持ちが疲れることが多かったもので
ついふらふらと本屋さんを覗いてみたのですが、
マクロビや玄米菜食のコーナーができていました。
(この頃は文庫と料理本しか買っていません(_ _;)。)
世間では結構なブームなんでしょうか。
(個人的にブームに入っていたのに、全然気が付いていませんでした;;。)
野菜中心でごはんを作ろうと思うと、
一人暮らしならあまり悩まずに済むかもしれないのですが、
ほかに一緒に食事をする人がいると、
やはり同じものをおいしく食べようと思うわけで、
そうなると「簡単でおいしいもの」を作りたいけれど、
それがなかなか難しいというジレンマに陥ってしまうのでした。
フツーの和食といってももう少しなんとかならないかな~と
日々つらつらと考えていたのですが、
これならできるかも、と手に取ったのがこれです。

izumimirunの「vege dining 野菜のごはん」 Book izumimirunの「vege dining 野菜のごはん」

著者:庄司 いずみ
販売元:扶桑社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

ベジタリアンで一女の母の著者が
野菜料理のオリジナルレシピを
ブログで紹介したものが人気を呼んで
ついに本になってしまったものなのだそうです。
マクロビというと、
お肉の代わりに特別な素材を使ったりする印象がありますが、
そのあたりを飛び越してずっとお手軽で
つい作ってみたくなります。
なにより白砂糖や卵、乳製品を使わなくても
おいしそうなお菓子が簡単に作れそうだと
思えるところが素晴らしい。(←そこですか;;。)
普通のお料理本はおいしそうだなと思っても
お肉やお魚や乳製品を使えなかったら作れないなと
思うものばかりなのですが、
この本はスープやサラダ、メインのおかずまで、
簡単でおいしいものをどっさり作れる気持ちになれまして、
これはすごいことだな~と思いました。
実際、野菜が本当においしそうなんですよ。
温サラダやスープのバリエーションの貧困さと、
肉好きの家人Bの対応策に日々悩んでいましたので、
各種シューマイとか厚揚げ酢豚など
そのうち試してみたいなと思っております。
ふんわり豆腐パフェや
チーズを使わないチーズケーキも試してみたいです♪

著者のブログはこちらです。
vege dining 野菜のごはん

|

« 撮影シーンフォト。 | トップページ | ハンド・ヒーリング講座。 »

カラダにいい話」カテゴリの記事

ホビットの冒険」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 撮影シーンフォト。 | トップページ | ハンド・ヒーリング講座。 »