« 幸せになるための27のドレス | トップページ | 大元帥旅立つ。 »

2008年6月 5日 (木)

クリスマスのお楽しみ。

一昨日の記事を一部訂正しました。
思い違いをそのまま書いておりまして、
読んでくださった方には失礼をいたしました;;。
でもあの仕事はほんとうにプロのレベルではないかと(←しつこい)。

さて、ついつい盛り上がっております
マカヴォイさんの話題ですが
(勢い余って『ウォンテッド』も鑑賞予定に入れてしまいました)、
TheOneRing.netによりますと、
キャストについてはまだまだ誰とも決まっておらず、
6ヵ月後にクリスマスの贈り物として
キャスト・ニュースをお知らせするようにする・・・
というような記事が出ていました。(→こちら

When asked if fan favourite James McAvoy had bagged the the Bilbo Baggins role, he (Guillermo del Toro) replied: "Not yet. Not yet James McAvoy, not yet Jack Black, or Daniel Radcliffe. There's nothing to fear or celebrate yet.

"In six months time we should know," he continued. "We will try to give that casting news at Christmas as a gift."

情報元はこちらだそうですが、
アニメのビルボ(多分)とマカヴォイさんが並んでいて、
姿を思い描くのが易しくなっています。(そうか?)
冬まで待つしかないということですが
それはそれで、お祭りを待つ気持ちになりました。
撮影に入るのはまだまだ先ですし、
サプライズになるかもしれない(・・・スリルとサスペンスかも・・・
お話の大筋だってドキドキワクワクものです。
ほかに誰の名前が候補に挙がってくるのかも
また楽しみなのでした(^^)。

ほかのキャラクターの方々にはどんな俳優さんがいいか、と
思いつくほどに詳しくないのが残念なのですが、
やはりイギリスのおじさんとか親父さんたちが
垂涎されるところでしょうか。
スランデュイル王など特に
その付近の俳優さんにやっていただきたいところです。
マルフォイ父だとあまりにもそのままの感がありますが、
意外性を狙うと・・・いや、やはり容姿は重視したいです;;。
一瞬ゲイリーさんとかニコルソンとかピーター・ストーメアが浮かんできました;;(危)。
エルフの皆さんも、今度は美し目で(爆)お願いしたいところです。
いまだに全く浮かばないのはドワーフの方々で、
冷静に考えると、本編で登場するホビットは一人で、
あとはドワーフの一族が比較的メインになるわけです。
指輪では実は一番大柄だったジョン・リス=デイヴィスを
ギムリにキャスティングしたと聞いてたまげましたが、
そういう意味でしたら、
意外性と納得性の高いキャスティングが
今度も期待できるかな~という気もします。
(そのあたりのPJの手腕は保証つきです!)

元々指輪映画には
人気の高い有名ハリウッド俳優はあまり出ていなかったので、
今回もイメージが合う実力派で
そこまで名前の通っていない役者さんを使う方向なのかな、と
無意識に思っていたのですが、
いまや超人気シリーズになってしまったので
そうはいかないのかもしれません。



そんなわけで、
楽しみながら気長に追っかけていきたいな~と思います。

|

« 幸せになるための27のドレス | トップページ | 大元帥旅立つ。 »

ホビットの冒険」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 幸せになるための27のドレス | トップページ | 大元帥旅立つ。 »