« ついに千秋楽。 | トップページ | 撮影シーンフォト。 »

2008年6月11日 (水)

人間ドック体験。

カラダに関係しますが、それほど「いい話」でもないので
日常雑記のこちらで。
実は初人間ドックに行ってきまして、
昨夜は午後9時までに飲食を済ませて、今朝は早起きしてと、
あれもこれも初心者マーク全開でした(^^;)。
とっくに毎年通っていてもいいトシなんですけど、
ずっと行かずに済ませていたのは
ま、大丈夫だろう~と思っていたのと
バリウムは飲みたくないな・・・という極めて軟弱な理由からでした(爆)。
炭酸が苦手でビールを飲むならギネスと決めているくらいですから。
(←ちょっと違うでしょう。)
偶然同じく初心者マークの同僚が同じ日の検診だったので
二人でおのぼりさんをしてきました;;。

職場で斡旋している○○健診所、という名前の施設だったので、
公共の施設だろうと思っていたのですが、
行ってみてびっくり、調度品の類はホテル並みでした。
スタッフの方の数が多く、
接し方も手際もホテル並みに丁寧で親切でした。
お客(ですよね)は名札をつけるわけでもなく、
忙しく歩いておられる複数のスタッフの方々に
その都度名前を呼ばれてついていくだけなので、
スタッフの方はお客の顔を覚えているのか~と、そこでまず感心しました。
受付から検診中の案内から、実にスムーズかつ至れり尽くせりで、
待ち時間もほとんどなく進み、
それぞれの項目の進め方も実にスピーディで、
一々質問されず簡潔に作業が進むように
工夫されているように思えました。
(数をさばきつつ接客の質は落とさないという。)
また、検査にあたる医師や技師の方々のほとんどが女性で、
男性の方というとX線と胃の撮影くらいだったのも
ちょっと意外でした。
女性の立場からするととても有難いことですが
(男性の立場は謎ですが、
とても可愛らしい医師の方もいらしたので
それはそれで嬉しいのでしょうか)、
つくづくサービス業の精神が徹底しているな~と思った次第でした。
問題の胃の検査ですが、
とにかく口から炭酸ガスを出さないようにしないと飲み直し!と
友人から聞いていたので、ひたすら口を押さえてみました(^^;)気は心・・・
台の上で何度もごろごろ自力で転がったり
あっちを向いたりこっちを向いたりと忙しかったですが、
幸い気分が悪くなることもなくお昼もおいしく食べられたので、
ま、いっか、というところでした。
面白かったのが肺活量の検査で、
そもそもそれがあることにまずびっくりしたのですが
(↑何の下調べもせずに行きました)、
むかーし学生の時分にやったことのある
息を吹き込んだらくるっとメーターが回るものを想像していたら
全然違いました(当然でしょう;;)。
紙の筒をくわえて、鼻をつままれて、
息を限界まで吸い込んで、勢いよく吐いて吐いて吐ききって~、
・・・と言われましても、
無理でした。
普段口呼吸自体をしないのに、
こんなわけのわからん体勢でフツーに息は吐けませんって。
(結果を見たらそこまでひどい値ではないので
ほっとしましたけど;;。)

一応結果を聞いて帰りましたが(詳細は後日郵送)、
血液関係その他はほぼAでした。
さすがに多少は何ぞあるだろうな~と思っていたところ
やはりその通りで、
なにしろ初めてなので、一応一度は検査に行ってくださいね~と
紹介状をいただきました。
全然心配してはいないのですが、
また病院探しをしなくてはならないのが・・・ちと面倒です;;。
今回マンモグラフィーを撮っていないので
そちらも行かなくてはならず、
一時に行くと疲労困憊しそうです(_ _;)痛そうなのを複数はちょっと


そんなわけで、
そこまで敬遠するほど検査でくたびれはしないとわかりましたが、
やはりセルフケアは大事なのでした。
もし二の足を踏まれている方がおられましたら(いないかな)、
心配するほど大変ではないですよ~、と申し上げておきます。
生活には気をつけているつもりなのですが、、
2年近く海外に出ていない間に解消しそびれたストレスが
「何ぞ」に化けたような気もしないでもない;;。
日常を思いっきり離れて歩きに行きたいです。
お遍路さんもいいなあ・・・(ちょっと疲れてます)。

|

« ついに千秋楽。 | トップページ | 撮影シーンフォト。 »

いろいろつぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ついに千秋楽。 | トップページ | 撮影シーンフォト。 »