« 久しぶりにブランチ。 | トップページ | カンヌ映画祭もうすぐ開幕。 »

2008年5月13日 (火)

毎週見ています(成り行きですが)。

日常雑記を書きかけていたら、画面がしろーくなって
固まってしまいました。
PCをビスタに変えてからこういうことが時々あります。
ガードが固いのでしょうね・・・。(TT)

ということで、再度かいつまんで。
韓流ファンの家人のおかげで
我が家では毎日欠かさずドラマのDVD、もしくはTVがついているのですが、
お付き合いで;;どっさり見ている中で、
今話題の『太王四神記』はなかなか面白いな~と思うようになりました。
月曜の22:00からBShiで放映されているのですが、
4月から、日本語吹替での再放送が加わっています。
(こちらは土曜の23:10から。)
正直言いまして、最初から面白いと思ったわけではなく、
初回放送のときは神話時代のエピソードを一気にやられたもので、
登場人物の多さなどで、完全にお話から置いていかれました(^^;)。
それでもじわじわと見続けているうちに、
神器や国の存亡にかかる歴史ものらしいエピソード、
お家騒動に怨念、秘密結社の陰謀と策略
(この首領がほとんど妖怪で見事なまでに悪役で面白い)、
時空を越えた三角関係、
清々しかったり泥沼だったりする主従関係に
いろんな意味で無敵の王様、
とどめが久石さんの音楽ときまして、
韓国ドラマファンならずとも、
ロマン溢れる少女マンガがお好きな方なら
面白く見られる作品になっているように思います。
日本語吹替の再放送も
しっかり見ている(見せられている)のですが、
意外なことに、
煙に巻かれた初回放送を日本語で聞くと
ものすごくわかりやすかったのに驚きました。
元の言葉がまったくわからないので
字幕からの情報しか受け取れないというハンデはあるんですが、
吹替翻訳の有難さがよくわかった次第でありました。
(わからない言葉の場合は
じっと画面を見ていないと理解できないのがつらいです。)
今日は物語がぐっと佳境に入ってきまして、
次回で最終回のような雰囲気でした。
最尾をどうまとめてくれるのか、やはり気になります。

さて、もう一つだけ。
小ネタにしてもひっかかるものが少ないこの頃なのですが、
ドラゴンボールの実写の写真がついに雑誌に!という記事を見たので
Comingsoon.netを覗いてみました。
考えてみれば当たり前ではあるんですが、
あら、日本のマンガ(ではないかと)雑誌です。
普段自分でネットで追っかけていて
英語がなかなか読めすすめなくてぼやいているんですが、
海外のファンの皆様も頑張っているんだな~と
なんだか感心してしまいました。
ただ、あまりいい反応でもないようです。
マンガの場合は元のビジュアルがはっきりしているので
難しいなと思うのですが、
確かにヘアメイクはこれで終わりなの?と突っ込みたくなりました。
実際に作品を見るまでは賛否両論あるのが常ですので、
蓋をあけてみてのお楽しみかなと思います。
(背の高いヒュー=ウルヴァリンも大成功しましたし。)


では、このあたりで。
寒暖がジグザグにやってきていますので、
どうぞお気をつけてお過ごしくださいね。

|

« 久しぶりにブランチ。 | トップページ | カンヌ映画祭もうすぐ開幕。 »

いろいろつぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 久しぶりにブランチ。 | トップページ | カンヌ映画祭もうすぐ開幕。 »