« 王様の手は癒しの手。 | トップページ | 4回目です。 »

2008年5月24日 (土)

ホビットキャスティング進行中。

すっかり出遅れましたが、ホビットの話題です。
まずeiga.comから以下引用させていただきます。
元記事のVarietyの記事はこちらです。

 「ロード・オブ・ザ・リング」3部作に出演していた
 ビゴ・モーテンセン(アラゴルン役)、アンディ・サーキス(ゴラム役)人が、
 ギレルモ・デル・トロ監督が映画化する
 同じくJ・R・R・トールキン原作の「ホビットの冒険」への
 出演が決まりそうだ。
 同作は現在、2部作での製作に向け、
 プリプロダクションが本格化したところで、
 ピーター・ジャクソンとデル・トロの監督下のもと、
 フラン・ウォルシュとフィリッパ・ボウエンが脚本の仕上げに入っている。
 モーテンセンとサーキスはすでに予備契約を済ませ、
 「ロード・オブ・ザ・リング」のキャラクターそのままに、
 「ホビットの冒険」に出演する模様だ。
 先日、イアン・マッケランがガンダルフ役を再演決定と報道されたが、
 デル・トロ監督は3人うちの誰かが
 スケジュール問題など何らかの理由で降板した場合、
 ゼロからキャスティングする意向らしい。
 デル・トロ監督はバラエティ誌に対し、
 「正式に決定するまで1週間ほどかかるだろう。
 オリジナル版で演じた俳優たち全員を出来る限り呼び戻したいんだ」と、
 他の「ロード~」出演者へのアプローチも示唆している。 

まず3名のキャスト交渉がされたということで、
第1部(『ホビットの冒険』をベースとするパート)に
アラゴルンが出てくる、という記述が特に見られることはなく
ひとまず安心しましたが、まだまだ油断できません(爆)。
回想シーンかなにかで出てくる可能性もありそうです。
年齢を超越しているアルウェンはともかく
若きアラゴルン(エステル)はどうすれば出られるのか。
20歳前後だったら、
Xmen3のガン爺マグニートーよろしく
加工することは可能かもしれませんが余り見たくは・・・
それならそこだけ役者を置き換えることもできそうです。
そういうエピソードは第2部にとっておいて、
第1部ではたくさんのキャラクターとエピソードの詰まっている本編に
しっかり集中していただきたいなあと思います。
第2部に入れていただきたい追補篇のエピソードが
それは沢山ありますが、
これも人によって随分意見が分かれるでしょう。
新しいエピソードは要りませんから(崖落ちとか崖落ちとか)
じっくり練り上げていただきたいなあと思います。
私の希望はさておきまして、
これまでの指輪役者たちを出来るだけ呼び戻したい意向なのは
嬉しいことです。(デネ候とかセオデン王とか?)
ただフロドを含め若いホビットたちは
第1部の時点では生まれていませんので、
出るとすれば第2部で出てくるのでしょうか。
(いずれにしてもイライジャは出演する気満々のコメントを
以前出していましたが。)
そしてビルボ・バギンズは一体誰が演じるのでしょうか。
若く「加工」されたイアン・ホルムだったらどうしましょう(多分無理)。

また、TheOneRing.Netを覗いていたら、
リブちゃんのコメント記事のリンクがありました。(こちら
まだ話もないから、という感じですが、
オファーがあれば出演しそうな雰囲気かなと思われます。


出演交渉が固まると思われる1週間後のニュースを
ひとまずは楽しみに待ちたいと思います。

|

« 王様の手は癒しの手。 | トップページ | 4回目です。 »

ホビットの冒険」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 王様の手は癒しの手。 | トップページ | 4回目です。 »