« “Deception”フォト。 | トップページ | 黄金の羅針盤 2回目。 »

2008年4月12日 (土)

オーリの新作。

Variety Japan を眺めていて、目に入ってきた記事です。
eiga.comにも関連記事あり。)

  S・ヨハンソン、N・ポートマン監督デビュー
  NY舞台のオムニバス“New York, I Love You”

『パリ、ジュテーム』のように、
複数の監督の撮った短編映画を
オムニバス形式にまとめた作品になるようで、
二人の才能豊かな若手女優の初監督作品ともなり、
これは是非お手並みを拝見しなければ、と思います。
それはそれとして、
おお、と思ったのは、
オーランド・ブルームもこの映画に出演が決まったという部分でした。
舞台出演の話は耳に入るものの、
新作映画については、決定後に降板したとか
出演の噂はあるけれど真偽は不明、といった話ばかりで、
TVのCMでお目にかかれるようになってからは
なんとはなく気になっていたのでした。
本当なら、嬉しいニュースです(^^)。
(『パリ、ジュテーム』にはイライジャが出ていたのですが、
公開当時には結局見にいけませんでした;;。)
他の監督には
ブレット・ラトナー、アラン・ヒューズなどが名を連ね、
俳優陣は
ヘイデン・クリステンセン、イーサン・ホーク、
レイチェル・ビルソン、クリス・クーパー、アントン・イェルチン、
ドレア・デ・マッテオ、ケビン・ベーコン、
シャイア・ラブーフ、ジュリー・クリスティらの出演が
決まっているようです。

さて、話は変わりまして。

今日は久しぶりに
ハリウッド・エクスプレスを少しだけ見られまして、
『ニムズ・アイランド』は2位に浮上していました(^^)。
出た画像はもっぱら
アビゲイルちゃんの愛らしい姿だったのですが、
ずっとアシカ(オットセイ?)と2ショットで、
彼女はとにかく、アシカ?が彼女と一緒に
実にリズミカルに不自然に(爆)踊っているんです。
CGはCGでいいんですけど、
気分は実写ディズニーでした;;。
この出演者陣なら日本公開になると期待しているんですが、
いつのことになるでしょうか。

さらに積読(鑑賞)になっていた『タロットカード殺人事件』の
特典だけ(!)をようやく見ました。
気持ちほどのインタビューが入っていましたが(再爆)、
やはり半分はこのために購入したのだな~と自覚できました(^^;)。
この作品はコメディとして見るのが正しいのでしょう。
オリジナル予告編と日本版の予告編を見比べるのも
面白いものでしたが、
ミステリ色を強調しすぎの日本版も
それなりに説得力があるような気がしました。
(そのつもりで見てみると最後にちょっと気抜けしますが;;。)


『バッドタイム』もやっと先日届きまして、
予約済みのDVDは、6月の『ファウンテン』を残すのみとなりました。
隙を見つけて少しずつ積読を解消したいなあと思っています。

|

« “Deception”フォト。 | トップページ | 黄金の羅針盤 2回目。 »

映画情報・よもやま話」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« “Deception”フォト。 | トップページ | 黄金の羅針盤 2回目。 »