« さらに追記。 | トップページ | 公開まであと1年。 »

2008年4月29日 (火)

映像の旅へどうぞ。

今日は出かけるタイミングを逸してしまった上
自宅前が工事中なもので
(祝日なんですが皆さん働いておられます)
身動きがとれなくなり、
仕方なく庭でぼーっとしたりしていたのですが、
今頃が本当に一番いい季節ですね。
日差しもまだそこそこですし、風の心地よいこと。
メーデーの頃にはかなり暑くなると毎年の経験でわかっていますので、
穏やかで美しい、なかなか貴重な一日になりました。

なので、細々としたことを片付けたほかは
無為きわまりなかったのですが、
ふとつけたTV番組がなかなかツボでした。
切れ切れでしたが、
欧州鉄道の旅 トルコ大陸編」と
「フリーウィリー2」を見まして、
ちょっとだけ気持ちが静まったような気がしました。
星野道夫さんの本に
彼の友人がクジラを見る時間について語った文章がありましたが、
世界のどこかの静寂の時間を思うことで
そこに行けなくても心がしんとするといいなと思うわけですが、
映像の力を借りてたまに出来る程度で
まだまだ修行が足りません;;。
なぜこのTV番組に反応したかというと、
今のイスタンブールの様子やトルコの小さな博物館の映像を
かれこれ20年(以上;;)ぶりに見たからだったり、
オルカ(シャチ)の泳ぐ海を見て
記憶の中のカナダの海の静寂の感覚を
はっきり思い出したからという
至極単純なものなのですが(爆)、
そう思うと、映像の力というのはやはりすごいものです。
ウィリーにもちょっと泣かされたりもしました。(いや、男の子にか。)
そうは言っても、やはり本当の旅に出たいな~と
心の底では思っているようです、自分。
ほかにも
最近また始まった「新シルクロード」(BShi再放送)や
関口くんの新番組などにもツボを刺激されまして、
すでに嬉しいのかどうなのかわからなくなっていますが、
そのたび意識が一緒に旅に出てしまうのは確かなようです。
実は「シルクロード」(オリジナル)の頃には
そこまではまることはなく、
いつか行ってみたい、と熱くなることもなかったのですが、
学生時代に東洋史を選んだおりに
教師にまで「NHKのシルクロードが好きなの?」と言われたりしまして、
そのくらい一時代を築いた番組でした。
(この場合ズレているのは私の方だったのでしょうねやっぱり;;。)
最近の番組はさらに進化しまして、
内容の掘り下げ度もですが、
視点や速度が実際に旅する人に寄り添ったもののように感じまして、
個人的には見る楽しみは今のほうが大きいように思います。
しばらくはTVのチカラで
心の旅をさせていただこうかなと思います。

ついでにTV欄をじっくり見直したのですが、
どちらもBSになりますが、
面白そうな番組が二つ、目にとまりました。

本日の午後7:00からNHKhiで放映される
シルクロード絶景50
シルクロードを取材した番組の中から
選りすぐった50作品を紹介するものだそうです。 

同じく本日午後8:00からBS-iで、
世界・夢列車に乗って」は、
NZ北島のパーマストンノースを列車オーバーランダーで出発し、
首都ウェリントンへ。
フェリーで南島へ渡り、
ピクトンからクライストチャーチへはトランツコースタルでゆく
南太平洋を望む海岸線の旅です。

私は見られるかどうか微妙ですが、
環境があって、興味のあるかたは是非(^^)。

|

« さらに追記。 | トップページ | 公開まであと1年。 »

いろいろつぶやき」カテゴリの記事

旅の番組」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« さらに追記。 | トップページ | 公開まであと1年。 »