« ケイト様特集。 | トップページ | 『エリザベス』放映。 »

2008年3月 1日 (土)

ニューライン、ワーナーに吸収される。

099_7
早3月がやってきました。
今月のヒューカレンダーの写真はこちらです。happy01

今日はウルヴァリンのキャスト続報がまず一つ。
Variety
シネマ・トゥデイ

ドムのニュースと一緒に伝えられていたようですが、
韓国俳優のDaniel Henneyが
エージェント・ゼロ役を演じるとのことです。
狙撃技術を持つ追跡エキスパート、なのだそうで、
本当にいろんなミュータント(ですよね)がいるものです。
最初にX-men(映画)を見たときに、
日本のSF漫画の超能力の類と全く発想が違うなあと思ったものですが、
その印象は今でも変わりません。
なので、ほとんど全く違うジャンルとして見ていますが、
いつ見ても新鮮ですし、ドラマとしても面白いなあと思うのでした。
韓国俳優といいましても、
お父さんが
イギリス系アメリカ人でお母さんが韓国系アメリカ人で
アメリカで育ったそうなので、アメリカ人と呼ぶほうがふさわしい気がします。
「キム・サンスン」は見たことがあるはずなのですが、
いろんなドラマが次々にかかる我が家では
横からちょっと覗いているくらいでは記憶に残らないのでした;;。
こんなところで韓国ドラマとリンクするとは思いませんでした・・・(^^;)。


さて、もう一つはあれま、と不意をつかれてしまった記事からです。
Variety Japan

「ニューライン・シネマ、40年の歴史に幕」

ええと、なんですかそれは。
いろいろ各地で揉め事をかかえていたニューラインですが
(“Pride and Glory”の公開延期の記事もこのへんに)、
閉める、といいましても小規模な企画は引き続き行うけれど、
でっかい興行は、吸収されるワーナー・ブラザーズに、
というような形?のようです。
創立者の二人はとにかく社を去るであろうということです。

台所事情がいろいろあったのかなと推察されるところではありますが、
日本での公開作を見る限り、
結構ニューラインの作品が目につくことが多かったので、
そこまで苦しいとは思っていませんでした。
(私の見る映画が偏っているともいいますが;;。)
色々迷走していたことが原因になったのか
それともナニカ問題があったから迷走していたのか
やはり怪しい事情があったのかとかいらないことを考えてしまいますが、
だからといって
「ホビット」の企画をあそこまで引っ張ったり、
PJとトラブった後に
指輪映画(LOTR)の未公開フィルムが出されなかったりと
(これは噂かも。シドニーでのLOTR展のときにそういう話を耳にしました)、
色々やらかしていただいたことを思い浮かべると、
なんだったの・・・と思わないでもありません。
今後の配給やこれまで作られた作品の公開、
これからのホビットの行方など
先行きがいろいろ気になってくるところですが、
この機会に、
すっかりお蔵に入っている指輪メイキングがなんとか世に出てほしいなあと
やや的外れな希望が頭をもたげてくるのでした。
(そんなことを言っている場合ではないかもしれませんけど;;。)

|

« ケイト様特集。 | トップページ | 『エリザベス』放映。 »

X-Men Origins: Wolverine」カテゴリの記事

映画情報・よもやま話」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ケイト様特集。 | トップページ | 『エリザベス』放映。 »