« 『エリザベス』放映。 | トップページ | Young Logan 交代。 »

2008年3月 2日 (日)

ライラの冒険 黄金の羅針盤

映画の日にライラを見てきました。
普段は比較的すいている映画館だったのですが、
夕方の回は列ができていてびっくりしました。
(それでも余裕で座れるんですが^^。)

まず予告編は、カンフーパンダとナルニアと紀元前一万年でした。
カンフーパンダのキャラは、
さぞジャック・ブラックがしゃべり倒しそうな雰囲気でした;;。
ナルニアのこのたびの予告編ですが、
ちょっと長バージョンになっていまして、
おお、いいじゃん、という印象でした。
原作は割に淡々としているような記憶があったのですが
(↑読み手に想像力が足りない;)、
結構華々しいお話になりそうな予感がありました。
2作目のほうが設定説明がない分、
面白く仕上がりそうな気がします。
(王子ものになりそうな不安も少し・・・。←どんなジャンルですか。)
ぐんぐん育ったエドマンドとルーが大変よい感じ。
かなり楽しみです。

そうこうしてようやくライラの本編ですが、
おお、ニューラインのロゴだ、とまず複雑な思いで眺めました。
そして、これはもう一度見てもいいかなと思いました(何様;)。
正直いいまして、隣の雑音で前半にあまり集中できなかったのもあり、
もう一度、細かいところまで集中して見てみたいと思いました。
原作既読なので、純粋な初見の感想にならないのですが、
すっきり平らに整理して(いくらか改変して)
かなり穏やか目におさめたな、という感じがしました。
(ターゲットは子供なのでしょうか。)
わかりにくい物語の「用語」は
読んでいてもよくわからないことがあったくらいで(爆)、
事前知識がないと、ややつらい方もいるかもしれません。
良くも悪くもダイジェスト版風だったといえそうで、
早くもディレクター版を期待する声もあるようです。
もう少しカットを控えめにして長くしてくれても良かったかも。
ネタバレにあたるかもしれませんが
(知っていてもいいかなとは思いますが一応白文字に)、
ラストは『二つの塔』状態です。
リー様の幽閉シーン(もしくは串刺しシーン)にあたる最後のどんでん返しは
次回に持ち越し。
先に聞いていたので特に驚きませんでしたが、
次回はどこから持っていくのかなと・・・。

次回作が作られればいいんだけど、と
いざ見てみたあとでは切に思うところです。

公開すぐなのでなるべく内容には触れず、以下印象を。
イントロのモノローグは指輪のケイト様ガラ様のようだなと思いました。
まとめて説明から入るのもやや指輪映画風ですが、
その方がお話に入っていきやすい・・・かも。
人間はみなダイモンを持つ、とはわかっていたものの、
沢山の人間や子供が集うところを見ると壮観でした。
あっちもこっちも動物がぞろぞろ・・・。やはり異世界です;;。
画像はというと、
先に見たときに感じた薄っぺらいような感じはなく、
シックにリアルに溶け込んでいました。
「向こうのイギリス」の空気の匂いや温度が伝わったかといいますと、
割とドライでキレイ目の場面しかなかったので
幸か不幸か気がつかない間にスルーしていました(^^;)。
こちらの世界とは少し違うけれどよく似た世界であるだけに、
100%異世界のナルニアなどを描くよりも
風景がより自然にリアルに感じられまして、
心配だったクマの決闘シーンなどもなかなかよかったので、
視覚効果賞は、私としては納得です。

そして俳優陣ですが、みな良かったです。
まず主役のダコタちゃんですが、
かなりいい感じに嘘の天才お転婆少女を演じていました。
(元のキャラよりややアクが取れた気がするのは脚本のせいかと。)
なんというか、クールビューティです。
二コールと並んでも負けていないといいますか、
実力派の大人に支えられて、より生き生きとしていたように思います。
どっさり出てくる各界の大人たちも厚みがあり、大変しっかりしていました。
アスリエル卿は原作どおりやや影が薄く
かつトーヘンボクぶり(失礼)は影をひそめて
より素敵なおじ様になっていました。
二コールはミステリアスな夫人を好演していましたが、
怖さよりも美しさ、キュートさが勝っていたきらいが(そんな気が)。
エヴァ・グリーンは素敵でしたが、
ほかの魔女軍団同様に登場がやや唐突でわかりにくかったかも。
パンタライモンの声はフレディ・ハイモア君だと
知っていてもしばらく気がつきませんでしたが、
イオレクのサー・イアン・マッケランは、
さすがに聞いてすぐにわかる声でした。
リー様は本当に一瞬でしたが、やはりいい声でした。目をつぶっていてもわかる声。
一瞬にもかかわらず、キャストに名を連ねていました(^^;;)。

どうしても一作目は背景説明でかさばってしまいがちになりますが、
ここから怒涛の展開をどう撮って行くか、
むしろここからが大変でもあり、面白くもなると思いますので、
続編が無事に出来るといいなあと思います。
ダコタちゃんが大人になる前に是非撮り切っていただきたいものです。

|

« 『エリザベス』放映。 | トップページ | Young Logan 交代。 »

映画感想」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 『エリザベス』放映。 | トップページ | Young Logan 交代。 »