« NZでの目撃情報。 | トップページ | 善き人のためのソナタ »

2008年2月10日 (日)

空想の森にゆく。

なんとなく川原さんの漫画みたいでいい名前だなあと思ったのですが。
(←それは架空の森。)

さて、そういうわけで(8日(金)の日記参照)、
2日目の最初の仕事は靴の中敷探しでした。
博多駅の通勤時間帯には開いている靴関係のお店がなく、
湯布院に着いてから探しまわりまして、
見つけたときは嬉しかったです(TT)。
普通の靴の状態と比べても、
中敷を入れてみると快適さが数段上になるのに驚きました。
歩き旅には今後も大いに重宝させていただこうと思いましたです。

097メインストリートより手前にある商店街をうろうろしたのですが、こちらでもおひな祭りのお飾りが普通の通りのそこここにありまして、幾重にも着物を巻きつけたようなシンプルなものが主でした。
なにもなければ目にすることもなかったので
これ幸いと楽しませていただきました(^^)。

目的は気持ちのいい道をぶらぶらすることと、
体によさそうなものが見つけられたら良いなあ~というくらいのものでしたので、そのままなんとなく宿に向かって歩いていったのですが、当てにしていた月點波心が改装かなにかで閉まっていました(滞在日までだったので、現在は開いていると思います)。
う~ん残念だ~とつぶやきつつ、昨年猫カレンダーをゲットした小さなお店へ。
(↓ここです。) 

102
こちらはオープンしていましたが、
猫カレンダーは22日からはじまる都合でまだ作成中、でした;;。
猫グッズ作家さんたちがマイペースで作られている作品が順次出される予定だそうです。
ちょうどこの日から猫シリーズが始まったそうで、
(そういえば昨年は3月に行ったんでした。すっかり忘れていました)危ういところでしたが、始まっていてラッキーでした(^^;)。

それからお昼に団子汁定食をいただいたところ、
どかんと丼になみなみ入った汁とごはんにたけのこの煮付け、ほうれん草の胡麻和えをどっさりとさっぱりめに煮たゆずの皮(マーマレード風?)切干大根もあったかな?というシンプルな組み合わせでしたが、大変おいしかったです。ひとつひとつの材料がしっかりしているからなのか、余計なものが入っていないからなのか。
家に帰ってからも、どんこを戻して根菜のどっさり入ったお味噌汁を思わず作ってしまいました。

あまりにもお腹が満足してしまったので、
今日は上のほうまで行ってみようという気持ちになりまして、
空想の森という看板の指す方向に向かってみました。
車で行けばすぐなんですが、
上りの道はさすがに閑散としているので
なにやら建物が見えてきたときはほっとしました;;。
しばらく行くと宿や由布岳を見ながら立ち寄り湯が出来そうなところがあり、
ちょっとひかれつつもずーっと上っていくと、
おおなにやらいろいろ美術館がありました。
陰になったところに雪だるまや雪の玉がまだ残っていまして、
かなり空気が冷たかったのですが、
やはり山の中です、空気がとってもキレイで爽快。
曇りがちだった空も徐々に晴れ間が広がってきました。

入ったのは空想の森アルテジオで、
大竹伸朗「カスバの男 -モロッコ旅日記- 原画展」を見ました。
どんなものかも知らずに(爆)変わった雰囲気の建物でもあったので
タイトルにひかれて入ってみたのですが、
思いのほか面白かったです。
なんとも芸達者な方だなあという印象を受けました。(←無知なので勘弁してください;;。)
色鉛筆のものもよかったですが、
水彩風のカラーインクで描かれた一枚がとても素敵でした。
どーんと一室展示スペースがあり、
その奥部分の1、2階に
音楽や美術、その他いろいろな分野の本を集めた図書館がありました。
ほとんどお客さんがいなかったのを幸いにしばらくそこで沈没していたところ、
なぜか『はてしない物語』がおいてあり、
ラストはどうだったっけと気になり、そのまま居座っていました(^^;)。
別の棟にはレストランもあり、
こちらもガラス張りで陽がたっぷり入る素敵なスペースでした。
時折団体さんもいらしたりするようですが、
喧騒から離れてゆっくりと過ごすことのできるスポットだなと思いました。
このあと、敷地内にあるチョコレートショップを覗いたところ、
高価そうなチョコレートを端から一気買いする方がいらして
・・・すみません、引きました;;。
(この謎は翌日少し解けた気がしました。)
帰りの下り道から見える山もまた大変美しかったです(^^)。

121

この日のお宿は
部屋に露天風呂がついていてこのお値段!というところにしてみました。
(ちなみにレディースホテルでした。女性限定の話題で申し訳ありません;;。)
お値段を押さえるかわりに一流旅館のようなサービスはなく
自分のことは自分で、という方針で、
お風呂の支度もセルフでした(^^;)。
考えようによっては贅沢かもしれませんが、洗い場も外なのがちと寒かったです;;。
こちらにもまた外国のお嬢さんがいらしていました。
お金はかけてないけれど、スタッフの方の尽力で
居心地のいい空間となっていました。
やはり和室はいいですね~。
それに朝ごはんが期待以上にとってもよかったです♪

湯布院は寒いでしょう~と地元の方に言われましたが
(夜がマイナス5度くらい?)、
寒さもなんだかさらっとしていて気持ちがいいといいますか、
不快な感じがしません。
今よりももっと四季の区別がはっきりしていた
子供の頃の空気を思い出す気がしました。
明朝は金鱗湖に行くといいですよ~とお勧めをいただいたので
頑張って?行ってきました。


だらだら長くなってしまったのでこの辺で。
あと少しだけ続きます。

|

« NZでの目撃情報。 | トップページ | 善き人のためのソナタ »

ちょっとお出かけ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« NZでの目撃情報。 | トップページ | 善き人のためのソナタ »