« ウェナムさん、クリスチャンと共演? | トップページ | まもなくアカデミー賞。 »

2008年2月24日 (日)

お試しキズパワーパッド。

昨日は、寒くなるという割にはただ風が強いだけかと思われたのですが
一転吹雪(おおげさ)になり、今朝は一面銀世界。
今は晴れ間が出たり雪がちらついたりしておりまして、
三寒四温というにもなんだか妙な感じがします。
全体に生暖かい気候になっているので、
なおさら体がついていかないのかもしれないな~と思います。
今回はキズケアのお話なので、
苦手な方はスルーしてくださいませm(_ _)m。

ここしばらく、
大きめのキズをカバーして痛みの少ないものはないかな~と
探していたのですが(まだ見つかっていませんが)、
その際に気になったのが、キズパワーパッド。
あまりに小さいのでとても使えず、類似品も大きいものはないので
暗礁に乗り上げておりました。
(ようやっとかさぶたもできてきたのでギブアップ決定。TT)
先日血豆を作ったのをいいことに(いやよくはないですが)、
血を抜いてぺたんこのフツーの傷にしたのちに
キズパワーパッドの効き目を試してみることにしました。
ケガしてすぐで、消毒などをせず水洗いすること、
化膿していないこと、かさぶたができていないことが条件で、
実験としては文句のない状態だったのですが(爆)、
これが至極便利でした。
キズ部分を完全密封して貼り付けると第二の皮膚状態になるので、
どうかするとケガをしていることを忘れてしまうくらい自然な感触であること。
(なので無意識に指を使って痛い思いをするというおまけもあり;;。)
多少水仕事をしてもはがれないのと頑丈なので貼りなおす手間がなく、
普通の絆創膏のように何度も傷口を湿らせることがないので
傷口が貼った時点の状態に保たれること。
剥がすときに一緒に皮がとれてしまうんではないかと思える粘着力がありましたが、
二日貼ったままにしたあとにはがしてみたら、
特に問題はありませんでした。
その後は一日ごとに貼りかえて
一週間ほどで絆創膏は要らなくなりました。
(血豆をつくったことがなかったので、
これが早いのかどうなのかよくわかりませんが;;。)
その数日後に折りよく(いやよくはない;)
指の関節部分にすりむきキズを作ったのでもう一度試してみたところ、
調子にのって水仕事をしたらさすがに絆創膏がズタボロになり
貼りかえるときにひっぱられて皮が取れてしまいました。
ですが翌日に貼りかえてみると、
夜にはすっかりキズは乾いて痛みもなくなっていました。
これは結構、すごいかも、と思いました。
(効き目は小さい傷に限られるかもしれませんけど。)
これまで指にケガをしたときには
普通の絆創膏を何度も貼りかえ、
それでも何度もキズがふやけてしまったことを考えると、
多少高いと思われるお値段でも結局お得かな~と思いましたです。
そもそもケガをしないことに越したことはないのですが(_ _;)。

件の雪のおかげで朝一映画館予定は崩れましたので(TT)、
今日はおとなしく家に溜まった用事を片端から片付けております。
時間が作れたら『スターダスト』を見たいなあと思います。

|

« ウェナムさん、クリスチャンと共演? | トップページ | まもなくアカデミー賞。 »

カラダにいい話」カテゴリの記事

コメント

キズパワーパッド、私も知人に勧められて使ったことあります。
私はケガして1週間たってから使ったのと、大きいサイズのパッドが使えるギリギリの大きさのキズで、あまりよい使い方ではなかったのですけど、消毒剤は使ってなくキズも乾いてなかったので、試しに貼ってみました。
すると・・・家族や知人に、これすごいよ!と説明したくなる使い心地でした(笑)。

キズの具合にはよっては使い方間違えると危ないと思いますが、ふつうの絆創膏で治るキズならこのパッドの方が快適、と思いました。

投稿: wata | 2008年2月25日 (月) 14時39分

キズ話題にご反応いただきありがとうございます(^^)。
うっかりケガをするとなにがわずらわしいといって、なにかするたびにキズが気になって仕方ないことなのですが、このパッドのすごいところは、ヒフ化したかのようにカバーしてくれるところです。ケガをした瞬間にこれで洗い物がしにくくなるな~と思ったくらいだったので、本当に目ウロコものでした。
多少のことならクスリをつけなくても人間のカラダは治ろうと自助努力をしてくれているんだなと思いました。使い方を間違えなければ、とてもありがたい助っ人です。

投稿: may | 2008年2月25日 (月) 19時44分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ウェナムさん、クリスチャンと共演? | トップページ | まもなくアカデミー賞。 »