« テラビシアにかける橋 | トップページ | 『SCREEN』3月号 »

2008年1月28日 (月)

ギリアム作品その後。

今日は寒い一日でした~。
みぞれまじりの小雪がどんどん降っていたものが夕方には積もり始め、
ゆるゆるの雪が滑ってちょっと怖かったです。
それほど冷え込んではいないということなのでしょうが、
凍結すると困るので、
明日の朝は始発のバス狙いで、今日は早く休みたいと思います。

クリスチャンとジョニデの共演が本決まりの雰囲気だとか、
マミー3のその後とか、
気になっている小ネタはちらほらあるのですが、
製作が中断しているヒースの出演作について
こういう記事がありました。(→eiga.com

テリー・ギリアム監督の新作ファンタジー映画
「The Imaginarium of Doctor Parnassus」のピンチヒッターにと
監督がジョニデにオファーしたという
イギリスのゴシップ紙サンの報道からの情報です。
記事によると、

「(劇中で)ヒースが魔法の鏡を通り抜けるシーンがあるんだ。彼はそうして別のキャラクターに変化するんだが、そこにデップが登場するわけだ」。
本作は奇妙でファンタジックなタイムトラベル映画であり、ヒースが演じていた役の見た目が変わることに問題はなく、その役は(観客の)心に焼き付く役になるという。「デップのスケジュールはちょうど空いているし、誰もが皆、役を引き受けてくれることを祈っている」と語っている。本作でのレジャーの撮影は2カ月分残っていたそうだ。

・・・ということなのだそうで、
例の脚本家組合ストライキの影響で主演映画が作成延期になったため、
確かにジョニデのスケジュールは空いているのだそうです。

このまま製作中止、という記事も先日出ていたのですが、
最後の出演作になってしまった映画がお蔵入りになってしまっては
どうしようもなく寂しいので、
もし実現するなら、これは嬉しいことかなと思います。


ヒースへの追悼記事があちこちに出ていますが、
comingsoon.net
“The Dark Knight”のクリストファー・ノーラン監督の
記事リンクがありましたので、
こちらに置いておきます。


では今日はこのあたりでm(_ _)m。

|

« テラビシアにかける橋 | トップページ | 『SCREEN』3月号 »

映画情報・よもやま話」カテゴリの記事

コメント

こういうときに、他の役者にひきついで完成させるのは、頼まれた役者もプレッシャーだと思うし、
スタッフも元の役者と較べて不満に感じてしまう心配もありますけど、
ジョニーなら大丈夫かもと期待したいです。

投稿: wata | 2008年1月28日 (月) 23時57分

wataさんこんにちは。
この作品は興行的にヒースの知名度に頼っていたので今後の製作が難しくなった、と聞いていたので(中止のニュースを聞いたときはかなりショックでした)、ジョニデなら知名度も演技力も文句なしではないかと思います。オファーを受けてもらえればの話ですが、実現してくれればいいなと思います。

投稿: may | 2008年1月29日 (火) 20時18分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« テラビシアにかける橋 | トップページ | 『SCREEN』3月号 »