« 昨日の情報元と冬対策。 | トップページ | そろそろラストスパート。 »

2007年12月 9日 (日)

本日はTVデイ。

遅い朝の片付けをしつつBSをつけて
ネパールの人身売買の番組を見ていたのですが、
不意にチャンネルを変えると
ターシャ・テューダーさんの番組をやっていまして、
そのまま埋没して最後まで見てしまいました。
じんわりと確かであたたかな感動が残りました。
ターシャさんについては
絵本作家でガーデニングをされているという予備知識があるくらいで、
絵本展で見たことがあるかもしれないな~という程度の私ですが、
たいへん惹きこまれてしまいました。
一年の日々のお話は(←途中から見たので推測ですが)
それはそれは興味深かったのですが、
ワイルドフラワーの咲き誇るお庭ももちろんですが
周囲の森の絵の美しかったこと。
錦の秋も細かに降り注ぐ小雪の風情も。

検索すると、ちょうどいいものがアマゾンにありましたので
参考までに。

NHK ターシャからの贈りもの 永久保存ボックス<DVD+愛蔵本>魔法の時間のつくり方 NHK ターシャからの贈りもの 永久保存ボックス<DVD+愛蔵本>魔法の時間のつくり方

著者:ターシャ・テューダー/NHK テレコムスタッフ
販売元:メディアファクトリー
Amazon.co.jpで詳細を確認する

見始めたところでは
ご家族の方が花々で飾ったバースディケーキを作っていまして、
(かつては川の上流から飾り付けたケーキを流していたそうで
そんなイベントを本当にやってしまう素晴らしさ)
同じように草花で美しく飾られたテーブルに
彼女とその子供たち、孫たち、ひ孫たちが集まり、
かつて孫たちや子供たちが過ごしてきた日々
彼女の絵本に描かれたものそのままに、
手間はかかるけれど
魔法で作り出したようなアイデア満載の素晴らしい日々について語り、
今も一年のそれぞれの季節を楽しみながら暮らす彼女の日々が
並行して紹介されていきました。
18世紀当時のような手間のかかるスローライフを楽しみ、
体力が落ちてきたのにあわせて、庭のデザインを
やがて自然に還っていくようなワイルドフラワーを中心としたものに変え、
人形をつくり(人形作家さんでもあるのだそうです)
クリスマスの人形劇をしたというマリオネットを取り出し、
時間をじっくりかけてクリスマスの準備をします。
リースを作ってろうそくをともし、
特大のジンジャーブレッドをみんなでつくり、
ひいおばあちゃん(だったかな?)がドイツまで出かけて買って来たという
これまた特大の色とりどりのガラスのボールを
大きなモミの木に飾りつけます。
その頃にはすっかり雪に覆われて森も庭も色を失い、
白一色の長い冬がはじまります。
クリスマスツリーを眺めて、春の訪れを思うのだそうです。

手作りの大切さ、と紋切り型で言ってしまうと
全くニュアンスが伝わらないのですが、
手をかけ心を砕いて
アイデアを織り交ぜながら楽しく作業を行うことが
結果人の心も住まいも豊かにしてくれるということが
画面を通して伝わってきました。
ちょっと調べてみましたら(→まずこのへんで)
彼女はこういう生活がしたいと望んで、
自分の手で時間をかけて実践してきたひとだったのですね。

 夢や望みがあるならば
 途中に長いつらい時期が続いても
 自分を信じて努力を積み続ければかならず結果が出る。
 自分は望みどおりの人生を送れた。
 息子は機械を使わずに理想の家を建ててくれた。
 ほんとうに素晴らしい息子たちに恵まれた。
 一番の宝物は家族。
 私はアメリカ中で一番幸せな女性だ。

力に溢れた声でそう語られると、
もの凄く説得力がありました。
ふと、人は誰でも自分の望むとおりの人間になるのだ、という
言葉を思い出しました。
 
 途中苦しい時があるのは当然。(それは自然も同じ。)
 辛抱できるかどうか、そして努力を続けられるかが勝負。

まことに耳の痛いところですが、
実際手を抜いてもなんとか生きていける時代にいれば
水は低いところに流れかねないのです。
(何でも自分以外のもののせいにしたがる人も増えていますし。)
幸せになるかどうかは、本当のところ、
自分自身にかかっているところがとても大きいのだ、と
自然に納得させられてしまいました。
それに、人生は楽しいほうがいいに決まっていますから。

番組の中で紹介された本の中に
彼女が大好きな言葉を集めた絵本がありまして、
これは読んでみたいなあと思いました。
うろ覚えですが、こんなふうな言葉でした。

 冬にバラはいらない、夏に雪がいらないのと同じように。
 夢は誰でも一人で見る、人生も同じく一人で生きるもの。


なんだか背筋を伸ばしつつ、リラックスして生きられそうです。


それにしても、
コーギーとニワトリとハトが可愛かったです(^^)。

|

« 昨日の情報元と冬対策。 | トップページ | そろそろラストスパート。 »

いろいろつぶやき」カテゴリの記事

コメント

昨日、ちょうど小林聡美さんの本「ワタシは最高にツイている」の中でターシャさんのDVDのことを読んだばかりです。なんかシンクロしてます?小林さんもすごくハマったと書いてました。なんか山荘お花畑化計画を実行するくらい。
ところで、うちの職場でDVDを買おうと思うのですが、「ナイト・ミュージアム」と「チャーリーとチョコレート工場」だったら、どちらが良いと思いますか?ついでで訊いてすみませんが、良ければ考えをお聞かせくださいな。

投稿: てんてん | 2007年12月10日 (月) 19時14分

特にスローライフやガーデニングに興味のない私でもツリー飾りを作りたくなったくらい面白かったです。現代生活に足りないのはこれ(辛抱)だな!と直感的に感じたほどに、91年を生き抜いてきた彼女の言葉にはすっきりとした説得力がありました。上手く説明できませんが(TT)機会があれば是非一度ごらんください。
原作本とあわせてチョコレート工場を置くのもいいかなと思います。(ちなみにリメイク前の映画も捨てがたいと聞きます。)「ナイト・ミュージアム」はからっとした楽しさは保証できると思います。

投稿: may | 2007年12月10日 (月) 20時02分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 昨日の情報元と冬対策。 | トップページ | そろそろラストスパート。 »