« 製作はしますが監督はせず。 | トップページ | 少しずつ年末気分に。 »

2007年12月23日 (日)

転々

今週は珍しく水曜にお休みになって喜んだのですが、
成り行きで、金曜がレディスデーの映画館で
たまったポイントを使って見てきました。
そのおかげでか適当にすいていていい感じでした。
普通の平日の昼間にしてはお客さんが入っていたかも。

お話は、男二人のお散歩ムービー、です。(もうそのまんま;;。)
「ずっと散歩しているだけの映画です」と
オダジョーがTVのインタビューで言っていた気がしますが、
怪しくて、ゆるくて、奇妙で、
東京ってこんなところかあとうっかり信じたらイケナイ、
遊び心とヘンな人たちが行きずりにこれでもかと登場してくる映画です。
看板やのぼりを見ているだけで、あははは・・・;;と力なく笑えてしまいます。
オダジョー演じる返せない借金に追われているのに
全然行動を起こさなくて大丈夫なのか君はという大学8年生は、
精神的閉じこもりといいますか、
思い出も感情も凍らせたまま生きている、といった風情で、
借金取りを演じる三浦友和は
暑苦しい怪しいオヤジを好演(やや怪演)、とあっさり書くしかないのですが、
イントロで思わず息を止めてしまいました(^^;)。うわ~。
一言一言がなんとなくオソロシイ気がしまして不気味さが良し。
メインの筋以外の説明はほとんどなく、
ただ怪しい散歩と
相当に怪しい行きずりの人々のパフォーマンス?が綿々と続き、
唯一解凍されてほどけていくのがオダジョーの心で、
怪しいオヤジも少しずつ人間に見えてきます。
後半に小泉今日子が登場し
キュートぶりと変人ぶり?を大いに発揮するのですが、
出演することを知らずに見たものでラッキーでした(^^)。
おかげで、見終わった直後の感想は
キョンキョンが可愛かったなあ~、でしたから(爆)。
最後は、やはり散歩映画だったのね、という幕切れでしたが、
あたたかさや切なさがほんのり残りました。

細かいところは見てのお楽しみがよいかと思います。
ゆる~い映画がお好きな方にお勧めです。

|

« 製作はしますが監督はせず。 | トップページ | 少しずつ年末気分に。 »

映画感想」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 製作はしますが監督はせず。 | トップページ | 少しずつ年末気分に。 »