« 『ウルヴァリン』にマギーQ。 | トップページ | 新作映画フォトいろいろ。 »

2007年11月29日 (木)

イヤホン遍歴。

昨日も調べものをしていて時間切れになり、更新ができませんでしたm(_ _)m。
バスの乗り場とか時刻とかそのほかいろいろ調べていたのですが
(私が出かけるわけではありません、念のため)、
もう時間がかかって仕方なく。
特に我が家のネットはのんびりさんなので、
待ってる間につい読む本を探したりしています(←やや活中;;)。
なので、ちょっと日付をずらしまして、
でもほんとうにただの日記で失礼します。
お暇な方だけお読みください;;。

先日からヘビロテに入ろう!と思っていた矢先に
イヤホンが壊れかけていることに気がつき、
しばらくは音中(と言うんでしょうか←言いません)患者と化していました。
このイヤホンはシンプルで使いやすくて
気に入っていたのですが、
ipodの本体につなぐところが切れかけていました(TT)。
本体にコードを巻きつけていたのが悪かったと思うのですが、
コードの絡み防止も常に困りどころでもあったのでした。
イヤホンについては別に音にこだわりがあるとか
そういうことはまるでなく、
聞ければ良し。
出来るだけ周りに音が漏れないもの。
耳栓型は往来を歩く時は怖いのでパス。
できればコードにボリューム調節が付いているとさらに良し。
(混んでいる列車内で絞るため。)
かさばるのは困るのでなるべくシンプルなもの。
で、丈夫なもの。
以上。
これって、普通の希望要望だと思うのですが(違うかな?)、
いざ選ぶとなると、結構悩むのです。

イヤホンを常用しはじめたのはipodを持ち歩くようになってからでして、
最初にipodの音を聞いたときは、本当に感動しました。
オケを聞いてもその演奏空間にいるように感じるくらい、
音のすぐそばにいる感覚といいますか(というか頭の中にまんま音が)、
その中に埋没してしまえるくらい臨場感があるといいますか、
どこにいても自分一人の世界に浸ることができます。
なので、正直怖いなとも思ったのですが、
自分の世界に浸ったまま(イヤホンをしたまま)街を歩く若者の気持ちも
少し理解できたような気がしたのでした。
なので、当初は何のこだわりもなく
普通に付属のイヤホンを使っていたのですが、
コードの一部(二股に分かれる部分)がやはり切れかけてだめになり、
あまり華奢でないものがいいなと意識して探すようになりました。
最初に買ってみたのが
SHURE社のE2c、耳栓型のイヤホンで、
これが完全密閉型で、驚くほど周囲の騒音がカットされ、
長時間飛行機に乗るときにはもってこいだったのですが(本当に耳栓)、
外歩きにはとても怖くて使用できず(爆)。
もっと普通のものをと、
次にゼンハイザーのMX550をアップルストアで購入。
ボリュームコントローラーが付いていて良かったのですが、
耳栓部分が若干大きく、
耳との隙間が小さい分音が漏れにくいかもと思うも
ときどきすっとんと耳から落っこちたりしていたのでそうでもないかと思ったり、
そのうちそれにも慣れた頃に
突然片側が聞こえなくなって修理に出し、
新品に交換されて戻ってきて1年4ヶ月後、
先述のとおり今度は本体近くのコードが傷んでしまい、買い替えとなりました。
ちなみにこの間に、電気店で1000円台の軽いイヤホンも購入したのですが、
連続使用していると耳に当てるパッドはおろか、
カバーそのものが外れて使用不可になりました(_ _;;)早すぎ
たすきに短し帯に長し、ではないですが、
せめてもう少し丈夫なのはないのかなと思いつつ、
今回は東急ハンズに行ってみました。
アップルストアほど品数がないので選択肢が限られ
かつある程度使いやすいものをセレクトしてくれているだろうと
悩む時間の節約を期待したのですが、
耳栓型が主流を占めていたので
あまり悩むことなくこれ、と決まりました。

Sennheiser MX55VC Street MX55VC Sennheiser MX55VC Street MX55VC

販売元:ゼンハイザー
発売日:2006/09/01
Amazon.co.jpで詳細を確認する

(↑検索してみたらアマゾンにもありましたので参考までに。
  多分これだと思います。)

耳あて部分の上にもちっこい丸がついているので、
どんなもんかいなと思いながら、
完全密閉式ではなかったのと
ボリュームコントローラーが付いていたのと
もう一つキャリアケースが布だったのがポイントで、
売り場に合わせて置いてあったコード巻取りホルダーと一緒に購入しました。
開けてみると、
本体とのジョイントあたりがラバーで補強されていたのが意外でした。
(補強されているのは嬉しいけど補強材の間の細いコード部分が少し心配。)
肝心の使い心地ですが、
上部分についている小さい丸部分が耳の中で支点になってくれるので
びっくりするほど安定して、耳から落ちてしまうということが全くなさそうです。
はじめは角度が座らず、
違和感があったりよく聞こえなかったりしたのですが、
ここという位置に決まると、
密閉型イヤホンに近いくらいきっちり耳にフィットして
スピーカー部分が耳の奥まではまって
音が拡散せずによく入ってきます。
(その分普通のオープン型イヤホンよりも外の音は聞こえにくいです。)
全く音響には疎い私の耳にも
おそらくこれまでは聞こえていなかった低音が拾える感じで
なかなかいい感じです。
通勤途中に人と出会ってもしばらくはずしたくないなと思ったりもしまして
・・・ちょっとアブナイかもしれない;;。

あとは少し長持ちしてくれるといいなあと思うのですが、
イヤホンの寿命って、一体どのくらいなんでしょう。
(やはり私の使い方が荒いのでしょうか・・・;;。)

|

« 『ウルヴァリン』にマギーQ。 | トップページ | 新作映画フォトいろいろ。 »

いろいろつぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 『ウルヴァリン』にマギーQ。 | トップページ | 新作映画フォトいろいろ。 »