« 大晦日SEE(地方限定)。 | トップページ | TDK 香港ロケ »

2007年11月 8日 (木)

好評スタート!

先週末より公開の始まった『タロットカード殺人事件』ですが、
出だしはたいへん順調だったようです。

eiga.com

こちらによりますと、
初日には台風にも関わらず長蛇の列のできる人気ぶりだったそうです。
監督(ウディ・アレン)や俳優(スカーレット&ヒュー)のファンのほかに、
雑誌やTVなどメディアの取材の効果で
一般層にも知られるようになったそうです。
そうだったんですか、知らなかった・・・(爆)。
謎のタイトル変更劇ののちに
なんだかうやむやのうちに公開になり、
たいへん勿体ない感の残った『プレステージ』を思うと、あまりにも対照的です。
(ジャンルが違いすぎますが。)
ウディ・アレンとスカーレットがタッグを組んだ前作『マッチ・ポイント』が
そこそこヒットしたこともあるのかもしれませんが、
こちらは日本版のタイトル設定がむしろ効果的に働き、
気軽に見られるミステリとして
年齢層を問わず劇場に足を運んでみようと思わせるものだった、と
いうことのようです。
(・・・なんだか複雑なものが。)
こちらで見られるのはまだまだ先ですので
タイトルが内容にむしろ合ってるのかどうかは劇場で確認したいと思いますが、
確かに世の中ってそういうものなのかもしれませんね。
とりあえず、ヒューファンとしては
ヒットしてくれれば言うことはないです(爆)。

11月10日の全国拡大公開に向けて
アレン本人のインタビューを含めた特集が
「めざましテレビ」と「王様のブランチ」で放映され、
11月15日発売の雑誌BRUTUSでも特集が組まれるそうです。
先週「ブランチ」が、もう一週間話題をひっぱったのは、
そのあたりの事情があったかも(違?)。

|

« 大晦日SEE(地方限定)。 | トップページ | TDK 香港ロケ »

俳優さん/ヒュー・ジャックマン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 大晦日SEE(地方限定)。 | トップページ | TDK 香港ロケ »