« 『しゃばけ』見ました。 | トップページ | 『ウルヴァリン』にマギーQ。 »

2007年11月26日 (月)

やじきた道中 てれすこ

いや~、笑いました笑いました。で、ちょっと泣けました。(またですか;;。)
人情あふれる喜劇ですが、
役者さんに詳しくない私でさえ、贅沢な映画だなと思いました。
中村勘三郎に柄本明、小泉今日子の丁々発止の正統派?コメディです。
面白くないわけはないと思ったのですが、大当たりでした(^^)。

で、内容はというと、インタビューで勘三郎さんが言っていたとおり、
中身がどうというより、
ほんとに何が起こるわけでもないロードムービーなんですが、
久しぶりにただ笑える上質なお笑い?を見せてもらったな~と思いました。
勘三郎さんと柄本さんの個人芸と掛け合いが絶妙で、
キョンキョンはいくつになっても何でこんなにキレイで魅力的なのかと。
若い時より今の方がずっと輝いている気がします。
メインは足抜けした女郎と弥次さん喜多さんが3人連れで旅する話で、
途中「てれすこ」のことを完全に忘れていましたが
終盤あたりに藤山直美と一緒に出てきまして、
お~い、万病の薬じゃなかったのか~と突っ込みましたが、
まあ、めでたしめでたしでした。
途中の出来事でいちいち爆笑できるので
(牢名主?とか某の恩返しとか幽霊とか地震とか)
筋を紹介しても仕方なく大変勿体ない(感想になっていませんが)、
ということで、
芝居小屋にいる気分で気持ちよく笑える映画です。
江戸っ子のやせ我慢してでも気前よく振舞ってしまう勢い?も、
口八丁で思い切りいい気質もいいもんです。
笑えたというと、お奉行が出てくるだけで笑えてしまいました。
真面目な顔をして出てくるだけで笑いを取れる人もすごいもんです。
(誰かは内緒。劇場でお確かめください。^^)
エンドロールを見ていると
鈴木蘭々ちゃんの名前があったのですが、気がつきませんでした。
えーと、どこにいたんでしょう・・・;;。(もしかしてあのヨメですか?)


『しゃばけ』とはまた一味違った
人情篤い庶民の泣き笑いを堪能できてよかったです。
肩の力を抜いた、
ほんわかした笑いをお求めの方におすすめです。

|

« 『しゃばけ』見ました。 | トップページ | 『ウルヴァリン』にマギーQ。 »

映画感想」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 『しゃばけ』見ました。 | トップページ | 『ウルヴァリン』にマギーQ。 »