« もうすぐハロウィーン。 | トップページ | ヘアスプレー ムック »

2007年10月31日 (水)

一年経ちました。

このブログを書き始めたのは昨年の11月1日で、
実際に立ち上げたのは10月31日でした。
最初はヒューのお話ができればと思って始めたのですが、
気がつくと取りとめもなく好きなことを書き放題、という
拡散状態になってしまいまして、
それでもなんとか1年続きました。ちょっと感無量です(おおげさ)。
隅っこで地味~に書いていられれば、くらいの気持ちだったのですが
(実際、理想的に地味ですが)、
なんとか続いたのは
こんなところまで来てくださる方がいらっしゃる、ということが
とても大きかったです。
本当に有難うございますm(_ _)m。
これからもぼちぼちとヒュー情報を追っかけ、
指輪突っ込みをしながらやっていきたいな~と思っていますので、
またお寄りいただけるととても嬉しいです(^^)。

で、なぜ10月31日に立ち上げたかといいますと、
秋にはじめるなら10月、
10月ならハロウィーンにしようかなという思いがありまして、
なぜかと聞かれると、なんとなく思い入れのある日だからと
答えるしかないのでした。
学生の時分にはまっていたブラッドベリや
いろんな作品の記憶が今は私の一部になっているようです。
(ブラッドベリははしかのようなものだ、と書いていたのは
中島梓さんでしたっけ(←うろ覚え)。)
ブラッドベリの作品で一番のお気に入りは『火星年代記』なのですが、
大好きだった晶文社の<文学のおくりもの>シリーズの中の
『たんぽぽのお酒』と『ハロウィーンがやってきた』は、
特に好きで、今でも手元に残してあります。
『ハロウィーンがやってきた』は
友だちのピプキンを助けるために
世界中のハロウィーンの起源を旅してまわるお話で、
最後に勇気とほんとうの友情を試される物語。
ラストのマウンドシュラウドさん(でしたっけ?)の台詞が印象深かったです。
早回しのフィルムを見るような気持ちで引き込まれたものですが、
さすがに細部を忘れているので
また再読したいと思います。
大人になってから最後のあたりを読みたいなと思っていたのですが
(すっかり忘れていましたが)、
今読むとどんな風に感じるのでしょう。
つくづく(マンガも含めて)10代の頃に読んだ本は
体の一部、といいますか、
私という人間の一部になっているのだなと感じます。

おしまいに、
バスの中で聞いた保育園帰りと思しき親子の会話を。
お嬢ちゃん「どうして今日はハロウィーンなの?」
お母さん 「・・・わかんない。」
七夕がどうして7月7日なのか、というに等しい質問のようでしたが、
いまや日本の保育園で、魔女?の格好をしたり
お菓子を配ったりするんですね。ちょっとびっくり。
仮装した先生が怖くて泣く子がいるというのは
なまはげが怖くて泣くのと似ているといえば似ているので、
本来の意味に近いかもと思いました。(そうか?)
店頭にミニカボチャを積み上げた花屋さんに
「西洋のお盆です」とコメントが付いていましたが、
平たく言うと、そんな感じなんですよね。
早、明日は万聖節。
秋の使者がゆっくりと、時に足早に通り過ぎてゆきます。

|

« もうすぐハロウィーン。 | トップページ | ヘアスプレー ムック »

ごあいさつ」カテゴリの記事

コメント

もう一年になるんですね。すごいです。
これからも日々、楽しく続けていけるといいですね。

投稿: てんてん | 2007年11月 2日 (金) 19時24分

時々休みながらではありますが、何とか続けられてほっとしています。世間の方のHPやブログの息の長さを見るにつけ、皆さん偉いなあ・・・と実感する日々でもありました。
これからもぼちぼちやっていきたいと思います。また遊びにきてくださいね。

投稿: may | 2007年11月 2日 (金) 19時48分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« もうすぐハロウィーン。 | トップページ | ヘアスプレー ムック »