« ペルシャ展満喫。 | トップページ | また台風。 »

2007年7月31日 (火)

ファンタジー映画進行中。

この火曜にブログのメンテナンスがありまして、
するりとログインできたもので
例によって;;気がつかないまま更新していましたら
・・・見事に記事が消えてしまいました(TT)。
ということで、ちょっと日ずれしてしまいましたので
遡って更新させていただきたいと思います。
(といっても、別に急ぐ内容でもないんですが(_ _;)。)

まずは『黄金の羅針盤』のその後ですが、
映画データベースに特別映像のニュースがでているなと思っていましたら、
シネマトゥデイで特集が組んでありました。
超大作と銘打ち、ニューラインは気合充分のようです。
日本版公式HPもオープンしましたが
イントロは例の「指輪から羅針盤(真理計)へ」の映像で、
つかみはばっちり・・・ですが、
指輪がすごく良かったからこちらもきっと素晴らしいに違いない!と思い込むのも
ちょっと恐ろしい気がします。(←老婆心)
全てにおいて、全く異質な物語だと私は思いますので。
同じだといえるのは
こことはちょっと違う異世界のお話、という点だけのような気もいたします。
・・・あくまでも主観ですけど。
なので、原作で予習をするのもいいかもしれないなと思います。
原作既読者としては、
むしろ先入観なしで、過度の期待をせずに
(これはどの映画でもそうですが)
見られたら良かったかもしれないな~と思います。
そんなに期待過剰になっているわけではないですが、
どうしても原作から得られたイメージとか雰囲気などの再現度は
気になってしまいますので。
私はハリポタ映画を原作を読まずに見ている人間なので
あまり当てにはならない意見です(爆)。
(それにつけても、『旅の仲間』の再現度はやはり並ではなかったです。)
ちなみに配給はまたもギャガでして、
こちらは原作販売にもえらい気合が入っていると
どこかの記事で読んだ記憶があります。
この“ライラ”は来年3月に日本公開予定です。
3年連続で指輪映画公開を待った気分というよりは
『ライオンと魔女』を待っていた気分に似ているような気がします。

一方、ナルニア第2作『カスピアン王子のつのぶえ』ですが、
comingsoon.net
カスピアン王子ことベン君のインタビューと映画映像が出ていました。
舞台出身らしく
身のこなしもよさそうで目力もあり、
このまま東の海まで行けそうです(^^)。
ちらりと写っただけでよく確認できなかった4きょうだいですが
スキャンダー君も航海に出られるといいんですが。
こちらは海の向こうで来年5月公開の予定です。

|

« ペルシャ展満喫。 | トップページ | また台風。 »

映画情報・よもやま話」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ペルシャ展満喫。 | トップページ | また台風。 »