« 今週もばたばた。 | トップページ | 誕生日占い。 »

2007年6月17日 (日)

プレステージ再見。

ようやく2回目を見てきました。
この先どうしても未見の方には避けていただきたいところが出ますので、
映画をご覧になってから見てくださるよう
くれぐれもお願いしますm(_ _)m。





私は原作本を斜め読みした程度の状態で映画を見たのですが、
読んだのも随分前で、大まかなところは忘れていました(爆)。
それはそれで正解だったと思うのですが、
一番目玉の双子については
映画では使われないんだろうなとなぜか思い込んでいて、
さらに入り組んだお話になるんだろうなと構えて映画を見たもので、
かえってそのネタに割と最後まで騙されて見ていたので
ある意味ラッキーだったような気がします(馬鹿・・・)。
帽子の増殖にはおやと思っていたんですけど、
気持ちよく騙されてよりお代が回収できたとも思います;;。
実際、もっと素直な気持ちで見ていたら
あれもこれも結構気がついていたような気がします。

「マジック」はとことん小道具もしくは舞台装置にすぎず、
しっかり人間ドラマでした。
ある種あざとくないというか、さらりと流したように全体が描かれているので
不思議な読後感ならぬ鑑賞後の感触でした。
一度目は今ひとつ乗り切れませんでしたが(邪念が多くて^^;)、
二回目の鑑賞の方がずっと楽しめました。
ネタがわかってみると、
あの人物のあの台詞もこの人物のこの台詞も
パズルのようにはまってドラマの形を成していくようなのです。
まさか双子ネタが徹頭徹尾物語のカギになっていくとは思っていなかったので、
気持ちよいくらいお話に入り込めました。
(感情移入するとかなり怖いですけど。)

生活や自己の全てを犠牲にしない限り、成功はありえない。
というようなことを言う似たもの同士の約二名ですが、
周りも巻き込んで皆が不幸になってちゃだめじゃん、と
普通につっこんでしまいました。
結局ボーデン兄弟が二重生活を秘密にするほかは
やたらと馬鹿正直だったばっかりに

誤解が誤解を生んで悲劇に至ったわけで、
ロープの結び方がどうだったのかきちんと答えていればなあ・・・
と、思わずにはいられませんでした。
今回は双子を演じたクリスチャンをしっかり見てきまして、
あれもこれも腑に落ちました(^^)。
皆さん、手先口先はあれほど器用なのに
ほかのものに対してはあまりに不器用すぎでした。
アンジャーは逆に真っ直ぐすぎるから
あそこまでいっちゃったのかなと思いましたけど。
クリスチャンの演技はひょうひょうしていて余裕を感じました。
ヒューについては珍しくこんな演技もあんな演技も見られまして
大変嬉しかったです。
一人で何役も演じたりあれこれ変装したりできる映画はあまりないので
二人とも楽しかったんだろうな~と思ったりいたしました。
酔っ払いも実に楽しそうだったけど、
ヒゲのヒューも良かったです。ファウンテンのコンキスタドールみたいで。


最後にまたどうでもいいネタを。
アンディ・サーキスの「私の手の中になにがある?」の台詞は
「ポケット」の中の方が良かったな~。(それはビルボの謎々;)
稲妻と馬車はついついヴァンヘルを思い出しましたが、
テスラの機械で人が「消える」ところの音声は
何度聞いても指輪映画を連想してしまいました;;。

・・・お粗末様でした。(←ほんとにしつこくて。)

|

« 今週もばたばた。 | トップページ | 誕生日占い。 »

『プレステージ』」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 今週もばたばた。 | トップページ | 誕生日占い。 »