« 『クイーン』から10年。 | トップページ | 太陽の帝国 »

2007年5月12日 (土)

月星の国の猫とハト。

一歩踏み出しかけては二、三歩後退する一週間でしたが、
来週は一歩くらい進めることを期待しつつ(辛)。
明日は休みだ~~。
世間では母の日でしたっけ・・・。

久しぶりに「ハリウッド・エクスプレス」を見たところ、
『ラッキー・ユー』の映像が少し写りました。
ドリュー・バリモアと一緒にいるバナさん、背高さんです(^^)。
ヒューとほとんど違わないのですよね。(←そこですか;。)
『スパイダーマン3』がデッドマンズ・チェストを抜く記録で
公開週を華々しく飾ったあおりで
今いち話題に出てこないような気がしていましたので、
ここで見られて嬉しかったです。日本公開はいつかな~。
トビー・マグワイアのインタビューで
「スパイダーマンシリーズは
アクション映画の格好をしたその実壮大なメロドラマ」と
いうようなことを言っていまして、
なんとなく納得してしまいました。

そのあと何気なく何局かを見ていると、
トルコ共和国関連の番組が2本一緒に放映されていて、
BS-iの動物スペシャルの方に釘付けになりました。
なんですか、この可愛らしさは!
・・・ええと、白猫です。瞳が青と黄のオッドアイ、
または普通に両目ともどちらかの色で、
泳ぐのが得意??という「ヴァン猫 Van Kedisi」。
トルコ東部のヴァン湖のあたりの特産?猫で、
泳ぐ姿を見た人もいるがまれで日時の特定もできないので
泳ぎが得意かどうかは定かではないですが、
愛好家には知られている猫で、
外国で人気が出てから地元でも大事に考えるようになったそうです。
(町には湯田温泉の白キツネの像のような巨大な白猫の像が・・・。)
アンカラの動物園には地元の動物として
ヴァン猫やアンカラ猫(これも白猫)のコーナーがあるそうです。
考えられません、動物園に猫・・・。
普通に囲いの中にいるので、
充分にケアはしてもらっているにしても(毛つやもよくとってもキレイでした)
飼い猫のように可愛がってもらえないのが可愛そうだなと思っていたら
そこの獣医さんも同じことを言っていました。
あるお家で、研究も兼ねて飼われている一匹のヴァン猫は
なんといいますか大層人懐こくて、お目目がまん丸、わりとがっちり体型。
優しい両親と子供たちの間でしっかり弟として可愛がられていて
おっとり泰然と目を細め、本当に私は幸せというオーラを出していました。
猫ってもっとシャイで一人になるのが好きで、
なかなかカメラでいい顔をとらえるのは難しいと思っていたのですが、
こんなに美貌を惜しげもなく振舞ってくれるなんて、
君、実は犬??・・・と言いたくなるおおらかぶりでした。
見ている間、こちらが幸せな気持ちになりました(^^)。

続いてカッパドキア地方のハトとその愛好家のお話が続きました。
カッパドキアというと、
その昔、切り立つ不思議な格好の岩山に
穴を穿ちトンネルをめぐらせて住居が作られていたと知られていますが、
なんとハト用の巣も作られていまして、
古いものはビザンチン時代にさかのぼるそうです。
丁寧に穴の周りに白いしっくい?を塗り
(滑り易くして天敵を寄せ付けない、
または天敵の猛禽類を見やすくするなどの効果があるそう)、
中はトンネルがはりめぐらされ、ちゃんと止まり木があったりします。
なぜここまで??の努力をしたかというと、
やせた土地で耕作をするための肥料として
大量のハトのフンの混じった塵を集めるためなのだそうです。
集めるために穴に入ると塵が呼吸を苦しくしますが、
天然の肥料は作物をとても美味しくしてくれるそうで、
この村では化学肥料を一切使わないそうでして、
実に見事な共生です。
その後ハトの愛好家のお話が続き、
これもトルコ産のハトですが、
空中で飛びながら回転またはきりもみのように
くるくる回る種類のハトがいるそうで、その名も「回転バト」。
そのまた愛好家の方がいるわいるわ。
博打やお酒に走るよりはずっといいとは思いますが、
どこにでもオタクの方はいるものです;;。(←あんたが言うかと一人突っ込みを;;。)
一言にハトといっても色も形も羽の具合も実に様々ありまして、
足の上にも白い羽のあるハトなどは
顔立ちにも気品がありたいへんな美人顔でした。
ハト愛好家(が多勢を締める)の村もあり、
夜にはハトのいるコーヒーハウスで盛り上がり、
朝の出勤前にハトの世話にいそしんでいるおじさんたちは
皆大変幸せそうでした。

動物を愛すると他人を愛せるようになり慈悲深くなれる、
というようなコメントがありましたが、
まるごとイキモノの動悸とぬくもりが伝わってくるので
それだけで可愛いな~とか、キレイだな~とか
単純に私は思ってしまいます。
近所で巣立ったツバメの数も増えてきて、
頭上が賑やかになっているこの頃です。
少しずつ夏が近づいているんですね。

|

« 『クイーン』から10年。 | トップページ | 太陽の帝国 »

いろいろつぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 『クイーン』から10年。 | トップページ | 太陽の帝国 »