« 『黄金の羅針盤』 トレイラーほか。 | トップページ | 養生の日は遠い。 »

2007年5月26日 (土)

マンマ・ミーア!

今日は博多日帰りで観劇に行ってまいりました。
なのですが、
連日の夜更かしがたたってか、朝時計を見て
「わーーーーーーー!!!」と叫ぶ破目に(_ _;)。
間に合ったのでよかったんですが、同行者に謝り倒しました;;。

博多に行くのは3月に『夢』を見て以来なのですが、
随分昔のことのように感じました。
駅隣接の井筒屋はシャッターを下ろしていて、
構内のあちこちが工事中になっていました。
天神で用事を済ませてからてくてく歩いてキャナルへ移動。
演目は先週から始まっている『マンマ・ミーア!』です。

今日のキャストは、
熟女3名が早水さん、八重沢さん、青山さんで、
ソフィが宮崎しょうこさん、スカイが田邊さんでした。
宮崎さんは初見だったので興味しんしんで見ていましたが、
いやー、安定しています、上手いです。
声の伸びも台詞のメソッドも;、手放しで安心して聞け、
次の有望株かな~と思いました。
基本的にホームドラマ・コメディのお話だと思うのですが、
お笑い?も随所にノリ良く入っていて、
歌もダンスもノリノリで、お客さんも大喜びでした。
(以前にも思いましたが、心なしかお客さんの年齢層が高い気が。)
ほかにはサムが渡辺正さん、ハリーが飯野さん、
ビルが栗原さんで、
手堅くまとまった舞台だったように思いました。
渡辺さんは初見?かと思うのですが、
すこーんと高いところから音が出ます。
なにかとお笑いパートの多い?男性陣ですが
(女性2名にも結構多いですけど)、
この方の真面目な天然ぶりもなかなか良かったです。
泣き所はあまりないのですが、
ドナがソフィにドレスを着せるところでは
ちょっとほろっときました。
あんな可愛い娘を育てていたら、そりゃ毎日何かと心配でしょう。
舞台の進行を見ながら、今度映画化されるキャストを思い浮かべ
どんなふうに出来上がるのかな~と考えたりしておりました(^^;)。

幕間にロビーで流れる映像の中に
『ジーザス・クライスト・・・』のジャポネスク・バージョンがありました。
エルサレム・バージョンは大変好きなんですが、
顔だけ歌舞伎のように白塗りにしたジャポネスク版は
・・・ちょっと違和感があります。ゲージュツ的ではあるのでしょうけど。
ただ柳瀬さん(ですよね)だけは似合ってるな~と思いました。
妙にキレイなような気がしまして(爆)。

ユナイテッド・シネマを覗いて前売り情報をチェックし
(『300』の前売りはありましたが、主要9都市有効のものしかなく断念TT)、
再び歩きで中洲川端に移動しました。
友人のリクエストで「水たき」を食するためです。


もう少し続きます(^^;)。

|

« 『黄金の羅針盤』 トレイラーほか。 | トップページ | 養生の日は遠い。 »

舞台(劇団四季)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 『黄金の羅針盤』 トレイラーほか。 | トップページ | 養生の日は遠い。 »