« 映画は誰のためのもの? | トップページ | サントラの楽しみ。 »

2007年4月22日 (日)

体質カウンセリング。

昨日のハリウッド・エクスプレスの全米ランキングでは
『300』は9位でしたが、
ウェナムさんの場面が結構出ました(^^)。
すっかりスパルタ戦士です~(当たり前ですか;)。
いくつか見た画像のことごとくが
常に戦意高揚しているといいますか、王のオーラ全開のジェリーさんは、
全編あのテンションのままなのでしょうか。
R-15のハードアクション、心構えをして見に行きたいです。
カール・アーバンの“Pathfinder”は6位で、
なかなかいい感じなんですが、こちらはR指定でした;。

今日は以前行った推拿で
体質カウンセリングが受けられるということで、
予約して行ってまいりました。
バス停そばにある映画館を通り過ぎると、
・・・こんなところに『300』のポスターが!
公開は6月9日確定のようです。
(予告編にかすりもしなかったのはなぜだろう。)
ウェナムさんは無事「デイビッド・ウェナム」さんとなっていました(^^)。
これでいくと『プレステージ』と公開時期が重なりそうなのですが、
結局『プレステージ』はいつ公開なんでしょう??

・・・というようなことを考えつつ、お店に到着。
カウンセリングは
どのへんがつらいですか~と聞かれるところからはじまり、
「全身」というわけにもいかず、
目のあたりから話をはじめ、
生活習慣や体の様子などをいろいろ聞かれ、
今は水分が足りず(←東洋医学的に)気が滞っている状態である、
で、水分はなるべく野菜などで摂るのがよく
一日に必要な水分は人により体調により変わってくるので、
尿の状態を一日2回チェックするといいといわれました。
(色が濃いと水不足。)
カラダの常識だけが各人がまるっきり同じわけはないので
なるほどな~と思いました。
(人体の中身もそれぞれ違うのだとどこかで読んだことが。
臓器が左右対照になっている人もいるといいますし。)
目の疲れは肝に通じるそうで、
月経のトラブルとかコリとかの関連事項を考えると
思い当たることが大あり。
運動不足からきている症状も指摘されました。
・・・というか、ほとんどそこからきているようでした(_ _;)。
運動して、好きなことをやってストレス解消しなさいねとのことでした。
(一体なんのカウンセリングに来たんでしょうか私は。)
いずれにしても野菜をしっかり食べるのが
健康でいるためには大切なことのようです。
その後、目だけでなく腰・足まで固まっていたのを
しっかり押さえてもらい、大分体が軽くなりました。
仕事の合間にできる目のツボ押さえコースも教わったので、
しばらく練習がてら続けようと思います。
これからえらく忙しくなる予定なので、
なるべく健康で行けるよう頑張りたいものです。

いろいろ調べているうちに、
西洋医学は基本的に対症療法で効き目のある症状に対しては即効性がある、
そのほかのもの(東洋医学を含む伝統的な療法)は
日頃の生活から心身のバランスを心がけることを前提にし、
それが崩れてしまったらその原因から修復を試みるものなのかな、
と思うようになりました。
肝心なのは、
悪くなったら医者と薬で治してもらえばいいと考えて
食欲優先、仕事優先で無茶をしたりしないこと。
自分の体の責任は所詮自分にあり、
自分でコントロールしない限り、病気になるのは簡単なのです。
西洋医学は素晴らしいものですが、
それだけが正しい?医療として保険の対象になり、
他の療法については正しい情報や知識をつかむのも難しくさらには高額。
上手にいろんな療法が共存していれば、
薬漬けの老人医療費がはねあがることも
ないのではなかろうかと思います。
実際西洋薬の効き目が著しいものも、そうでないものもありますので・・・。

ということで、
そちら方面の知識が持てたらいいなあと思うこの頃です。
そしていまだにヨガを始めていないのでした・・・。

|

« 映画は誰のためのもの? | トップページ | サントラの楽しみ。 »

カラダにいい話」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 映画は誰のためのもの? | トップページ | サントラの楽しみ。 »