« 前売りの楽しみ。 | トップページ | メリー・ポピンズ »

2007年4月 3日 (火)

『ファウンテン』公式ページ。

今日やっとプレステージの前売り券が手元に届きました(嬉)。
おまけトランプの中のボウイ先生のカードを見せたところ、
友人連の目が丸くなりました。
往年の先生を想起するに、ちと渋すぎる横顔だったようです。
怪しい機械を操る人だよと(かなりいいかげんな;;)説明をすると
おおそれはぴったり、と喜ばれました;;。
鑑賞後の感想が楽しみです。
確かに往年のボウイ先生はそれはたいへん美しかったですが、
それはそれとして、渋めのおじさまに色気を感じるこの頃。
年を取ったということなんでしょうか。えーと・・・。
俳優さんは40前後くらいからいいな~と思うことが多いです(^^;)。

閑話休題。
先ほどよそさまのお宅で嬉しいニュースをいただきました。
『ファウンテン』の日本公式ページがついに出来たとのことです(^^)。

副題は先だって触れたとおり、
・・・なんというか内容そのまんまです;;。
私は幸い映画祭で見ることができたのですが、
時空を行ったりきたりする構成になっていて、
歴史コスチュームや未来の不思議な情景もかすめていくので
難解なSFか?というように見えて、
実は徹頭徹尾「愛」のお話です。
普通のドラマのように
親切でわかりやすい筋立てを踏んでいないので(とことん不親切と言ってもいいかも)、
この映画を見て(受け止めて)なにを感じるかはまさに観客次第。
物語というよりは詩のようです。
正直「トンデモ」な部分(パート)はありますが;;、
そうでない部分だけでも充分に見て報われるものがありました。
独特の美しい画像も良かったですが、
主演二人の熱演があってこそのヒットだったと思います。
現代パートを見るだけでも充分価値はありました。
ストーリーにこだわりすぎずそのまま受け止めてみて、
なにか感じるところがあれば・・・くらいの気持ちで
見てみることをおすすめしたいところです(^^;)。
できれば充分な睡眠を取ってから行かれたほうが無難かも(爆)。
やはり見る人によって評価は分かれるでしょうね。

今年の秋公開の予定でしたが、なんと7月公開だそうです \(^^)/。
全国を巡る間に時差が出るかもしれませんが、
まずはめでたしです。

|

« 前売りの楽しみ。 | トップページ | メリー・ポピンズ »

俳優さん/ヒュー・ジャックマン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 前売りの楽しみ。 | トップページ | メリー・ポピンズ »