« 寒さにご用心。 | トップページ | 体質カウンセリング。 »

2007年4月21日 (土)

映画は誰のためのもの?

今日のeiga.comにも新情報が沢山ありました。
アンテナに掛かったものを2点ほど。

先日出たばかりの『赤壁の戦い』(←邦題不明)のニュースですが、
諸葛亮孔明を降板したというトニー・レオンが復帰、
おそらく周瑜役ではないかという情報がありました。
チョウ・ユンファ降板の真相はわかりませんが、
私の周瑜のイメージは今は諏訪緑さんの描かれた美丈夫ですので
・・・まあ誰が演じてもいいかな~と(爆)。
有名な歴史ドラマほど各人がはっきりイメージを持っているので、
一つの映画ならそれを一つの違う物語として
そのまま楽しむのが正しいかなと思います。

とは思うのですが。
ホビット映画に対するサム・ライミ監督のコメントが出たようで(→こちら)、
「PJは最高の監督、もし彼に監督する意思がなく
自分が監督することを承認してくれるならやりたい」、
というような内容のようです。
しかしですね。
サム・ライミ監督がどうというのではなく、
ファンの中にも様々な意見があるとは重々承知している上で、
PJと映画キャスト、何よりWETAの技術による
中つ国が見たいファンは多いと思うし、
そもそも監督を降ろす原因が映画の質とは全く無関係のところにあり、
熱心なサポーターであるファンの気持ちをないがしろにして
強行製作されたとしても、
正直その映画を見たい気持ちになるでしょうか。
なんというか、
やはり自分にとって特別なものは特別、なわけで、
違う物語として楽しむなんて無理、という
まるで冷静になれない自分に気がつくのでした(_ _;)やれやれ。


もう一つ、これは映画そのものというより、
日本で配給する時点でのことですが、
その昔、指輪映画の第一部公開時に
字幕問題騒動がありました。(ご存知の方も多いと思います。)
トンデモ字幕の数々も大問題でしたが、
配給当時には原作認知度が低かったせいか
三部作であることを
配給会社が意図的に隠したいのではないかと思われるふしがあり
(先が長いと観客が二の足を踏むと考えられたのかと)、
副題の「旅の仲間」は日本版では公表されず、
終盤にかけての内容不明字幕に加え
最後の「友情があるだろう」字幕にとどめを刺され
(私は劇場で椅子からずり落ちそうになりました。メリピピは無視ですか)、
予備知識がなく英語で物語が理解できない人(ほとんどがそうではないかと)には
キャラの誰一人として結末がどうなるかわからないまま
うやむやに終わるわけのわからない映画と思われる有様でした。
日本では第二部以降は公開しないつもりなのかと
私は本気で心配していたのですが、
もっと真面目に心配している方々がいらっしゃいました。
映画の内容を誤解されるようなことは止めてほしい一念で、
沢山の映画のファンの方が大変な労力をかけ
劇場での字幕の書き取りと英語脚本を対照し、
字数制限も考えた上での字幕代案を出して
配給会社と交渉されました。
一映画ファンの方たちが
英語圏では生まれるはずのない映画に対する誤解を解くために
ボランティアで取り組まれたものです。
結果、第一部のトンデモ字幕部分はDVDで直されることになり、
幸いなことに今では目にすることができなくなりました。
さらに第2部からの字幕内容についてもきめ細かくチェックされ
田中明子さんの監修もつくことになったのでした。
それ以降、あまり字幕を当てにしないようにしようと
思うようにもなりました(爆)。

なのですが。
最近また妙な話を耳に(目に)しました。

最近出版されたある「字幕屋さん」の新書の中に、
この騒動について「自分は見ていないが」との前置きつきで、
   原作小説ファンが字幕にクレームをつけ、
   配給会社の制作部長が映画フィルムを丸々一本捨てる覚悟で、
   「原作ファンが求める字幕」を打ち込んでみせ
   (意訳や要約を許さない原作どおりの字幕は
   膨大な字数になったろうという推測のもと)、
   「ほらね、あなたがたが求めるような字幕にすると、
   こんなになっちゃうんですよ。これじゃ読めないでしょ」と
   原作ファンを説得したそうだ。
・・・というような内容の文章が入っているとのことでした。
売り上げに協力する気にはならなかったので、
本屋さんで手にとって確認してきました。
私も全部を精読してはいないので
想像で話すことは控えたいと思いますが、
該当部分については確かにそのようでした。
なんじゃこりゃ。
字幕業界ではあの騒動は、
映画の字幕の問題から
「原作小説ファンのわがままを処理した製作部長の英雄伝説」に
すりかえられているのですか。
活字メディアにするりと載せるご手腕に眩暈を覚えました。
いえ、無意識なのか意図的なのかはわかりかねますが、
実際には事実と異なる噂をそのまま「想像」で脚色して
面白おかしく活字にするのはどうなのでしょうか。
伝聞との注意書きをつけても、
一たん活字になり世間に出回れば
それを鵜呑みにする人が多勢を占めるでしょう。
該当部分は全体の量から見ると微々たる部分で、
ご本人は字幕作成にあたり真摯なお仕事をされているようです。
映画ファンは良い字幕、少なくとも嘘のない
できるだけ正確な内容の字幕で映画が見たいだけなのですが
それはいまだに無理難題なのでしょうか?
「準備する時間が足りず字数制限があるからやっつけ仕事になる」体質は
字幕屋さんにとっても映画ファンにとっても不利益なわけで、
むしろ利害は一致していると思えるのですが。
当の改善運動の方々は
著者の方の「誤解」を解くべく
冷静かつ誠実な内容のお手紙を送られたそうです。
ただの「誤解」であり、それが解ければいいなと思います。

字幕というと、私は子供の頃に妙な勘違いをしていました。
TVで字幕映画を見ているとなんとなく会話が噛みあっておらず
理解ができない箇所がありました。
英語ってこういう理解しにくい構造をしているんだと思い、
洋画はなんとなく敬遠していたのですが、
字幕で述語や目的語が省略されていたからだと気がついたのは
件の字幕騒動の時でした(遅)。
今思うと勿体ないことをしたなあと思います。
もっともそういう思い込みをする人間は珍しいのでしょうけど(_ _;)。

問題の新書は以下のものです。
興味をお持ちでしたらご確認ください。
 『字幕屋は銀幕の片隅で日本語が変だと叫ぶ』 (太田直子著・光文社)

字幕改善運動のサイトはこちらです。(→字幕改善連絡室

|

« 寒さにご用心。 | トップページ | 体質カウンセリング。 »

指輪物語・映画・関連話」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 寒さにご用心。 | トップページ | 体質カウンセリング。 »