« 奇術師対決? | トップページ | 小ネタを少し。 »

2007年2月15日 (木)

アデレード周辺観光。

先日OZ旅行(アデレード・パースほか)のお話を
少し書きましたので、
参加したツアーのことや見聞記などを
少しずつ書いてみたいと思います。

この時利用したシンガポール・チャンギ空港経由のルートは
オーストラリアの西部を訪ねるのに大変便利でした。
私は西日本に住んでいますので、
わざわざ国内で大移動をしなくてすみ、
朝には現地に着くので大変に有難い限りなのですが、
ただ深夜便になるので空港での待ち時間が大変、異様に長いのです;;。
空港は時間をつぶすのに大変便利にできていて、
ナイトサファリ・ツアーなどもあるようなのですが、
このときは大変くたびれていましたので、
試しに空港内のトランジットホテルを利用してみました。
トイレ・シャワーは別室で、
なんというか、箱でした。窓なし。(当然ですか。)
ベッド、机、鏡、TV、時計があって、
机の上にはミネラルウォーターのボトルが1本置いてあり、
キブラ(メッカの方向)を示した印がありました。
それで仮眠を取ったかというと、
取るには取ったのですが、ついTVをつけ、
中国語?のアメリカン風ドラマなど見てしまったのでした(意味なし;)。

アデレードに到着した日にはなにも予定を入れてなかったのですが、
日曜日だからなのか、町に人の気配が全くなく;;。
荷物を置いてから町の下見をしようと
とりあえず向かったバスターミナルの横に旅行センターがあり、
そのまま市内ツアーに入ることができました。
(アデレード出身教師おすすめのVictor Harbor 行きは
この日は出ていなかったのでまたいつか。(っていつ?))
町の歴史ある建物や公園などを廻るコースで、
ドライバーガイドさんが案内をしてくれるのですが、
おっそろしく徐行しながら運転されるのに
なんの不都合もない道路事情にちょっとびっくりしました。
日曜にはツアーの目玉のチョコレート工場見学がないにも関わらず
参加している面々は見事に平均年齢が大変高かったです。
(公園の花々はそれは綺麗でした。)
しっかりお昼寝をさせていただき;;
途中グレネルグという海辺の町で降りていいよ~と
ガイドさんが勧めるも、
途中下車したのは私一人でした(^^;)。
家族連れや若者で賑わうリゾート風の賑やかな町で、
晴れ上がった空と海の匂いで、
いっぺんに目が覚めました。
(サングラスと帽子と日焼け止めは必携です。)
ワイン祭りではないですが、なにやら催しをやっていて、
浜にはバンドが出て演奏していました。
で、なぜか浜にはラクダがいて(鳥取砂丘のようだ・・・)、
Go to Rio が聞こえてきたりするので、
・・・一人ツボにはまっておりました(馬鹿ですね~;;)。
Photo_29

この日は日曜だったからなのか(?)
夕方になるにつれ人口がどこまでもふくれあがってゆき、
早めに市内行きのトラム(路面電車)に乗ることにしましたが、
最初の駅で満員御礼になり、
途中の駅では一緒に乗り込んでいた係のおじさんが、
もう乗れないからだめ!と入り口でがんばっていました。
ちなみに切符の改札はありませんが、
ただ乗りが見つかるとえらい罰金を取られます。
なので、おじさんから買おうと思ったのですが、
最初は手元にないから(売り切れていた)あと!といわれ、
途中はあまりに忙しすぎ、
終点に到着してからは今度は新たな乗車整理に忙しく
結局追い払われました(堂々無賃;;)。
休みの日にはみんな切符を買ってないんじゃないかな・・・。

グレネルグへは、
市内のヴィクトリア・スクエアからトラムで
終点までのんびり行けます。


翌朝早くカンガルー島ツアー行きのバスが出るということで、
早めにホテルに入りました。
ということで、続きます(^^)。

|

« 奇術師対決? | トップページ | 小ネタを少し。 »

旅行話」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 奇術師対決? | トップページ | 小ネタを少し。 »