« 雑誌チェックほか。 | トップページ | 2月も終わりです。 »

2007年2月26日 (月)

第79回アカデミー賞結果。

すでにあちこちで話題になっているアカデミー賞の結果ですが、
こちらでもご報告させていただきます。
こちらこちらでどうぞ。)


【作品賞】『ディパーテッド』

【監督賞】マーティン・スコセッシ『ディパーテッド』

【主演男優賞】フォレスト・ウィッテカー『ラストキング・オブ・スコットランド』

【主演女優賞】ヘレン・ミレン『クィーン』

【助演男優賞】アラン・アーキン『リトル・ミス・サンシャイン』

【助演女優賞】ジェニファー・ハドソン『ドリームガールズ』

【オリジナル脚本賞】『リトル・ミス・サンシャイン』

【脚色賞】『ディパーテッド』

【外国映画賞】『善き人のためのソナタ』

【撮影賞】『パンズ・ラビリンス』

【編集賞】『ディパーテッド』

【歌曲賞】"I Need To Wake Up" 『不都合な真実』

【作曲賞】『バベル』

【長編ドキュメンタリー賞】『不都合な真実』

【視覚効果賞】『パイレーツ・オブ・カリビアン/デッドマンズ・チェスト』

【衣裳デザイン賞】『マリー・アントワネット』

【メイクアップ賞】『パンズ・ラビリンス』

【美術賞】『パンズ・ラビリンス』

【長編アニメ賞】『ハッピー・フィート』

【録音賞】『ドリームガールズ』

【音響効果賞】『硫黄島からの手紙』

・・・などということです(一部略)。 

波乱なく落ち着いた選出のように感じます。
まずはスコセッシが悲願のオスカーを手にして良かった良かったといいますか;;。
レオ様は自分より誰よりスコセッシに獲って欲しかったのだそうです。
個人的に嬉しいのは『カーズ』を押さえて
『ハッピー・フィート』が入ったことでしょうか。
下馬評を聞く限り、苦しいかなと思っていたので;。
『リトル・ミス・サンシャイン』も大健闘でした。
じいちゃん役のアラン・アーキンが助演に入ったのも良かったです。
『パンズ・ラビリンス』が強かったですね。あれもこれも持っていかれてしまいました。
歌曲賞を『ドリームガールズ』を押さえて『不都合な真実』が受賞したのが
不思議といえば不思議。
未見なのでわかりませんが、どんな曲だったのでしょうか・・・。
『硫黄島からの手紙』も一部門受賞しまして、めでたい(^^)。

Getty Images から綺麗どころを少し貼ってみます。

79academy_naomi_and_nicole ナオミ・ワッツとニコール・キッドマンの2ショット。
ナオミ・ワッツは好きな女優さんです。
ちょっと古典的な顔立ちで、でもキュート。


















79academy_rachel_1 レイチェル・ワイズ。
元々綺麗な人だと思うのですが、
近年なんだか別人のように艶やかさが出てきたような気がするのは気のせいでしょうか。

















79academy_cate ケイト・ブランシェット様。この方にはつい様が付いてしまいます(^^;)。
年を重ねる毎に内なる光が増している気がします。
さすがエルフの女王様(違)。

















79academy_hugh_and_penelope_crus 最後に、プレゼンターをつとめたヒューとペネロペ・クルスの2ショット。
なんとなくふくよかになった??ように見えるのは気のせいでしょうか。
(ペネロペではありません、念のため・・・;;;。)

やはり画像で見たいです。
(いろんなパフォーマンスもありそうだし。)
NHK衛星での放送を待ちたいと思います(^^;)。

|

« 雑誌チェックほか。 | トップページ | 2月も終わりです。 »

映画情報・よもやま話」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 雑誌チェックほか。 | トップページ | 2月も終わりです。 »