« “Australia ”キャスト | トップページ | アカデミー賞ノミネート。 »

2007年1月23日 (火)

ラジー賞ノミネート。

昨夜はブログのメンテナンスがありまして(すっかり忘れていました;)、
ダッシュの遅れがたたり、全くログインできませんでした(疲)。
今日はパスポートの更新に行きまして、
久しぶりにお役所めぐりをしたのですが、
いずれも親切、早い、わかりやすい、と三拍子揃った素晴らしさでした!
仕事を抜けないと行けない不便さが惜しいところですが(無理ですか)。
お蔭様で空き時間ができたので、
久しぶりに院展を見てまいりました。
洋画よりこちらの系統の方が私は好きなんですが、
なんというか、贅をつくした挿絵のように見えるんです(違)。
一つ一つが精巧でとても美しいし。・・・コドモの視点のようですね(^^;)。
鶴の親子は今にも鳴き声を上げて動き出しそうだったし、
ピンクのフリルのような海月がそれはお洒落で美しく、
巨大ピラルク(だと思ったんですが;)も本物のようなどっしり重いリアリティがあり、
車の下に寝そべる猫に思わず話しかけたくなりました。
(動物ばっかりですみません。)
古代遺跡、絹の道、仏像系のものがお約束で?入っていますし、
しみじみと見入ってしまう風景が必ずあります。
あと、必ず意味の理解できないタイトルがあるのもお約束です。
日本語って難しいです。(私だけか・・・。)

さて、アカデミー賞ノミネートに先立ちまして、
ゴールデン・ラズベリー賞(ラジー賞)のノミネートが発表になったそうです。
(→こちら
その年のダメダメ映画を決めるというものですが、
『氷の微笑2』はやはり出たかという気持ちもしました(^^;)。
『スーパーマン・リターンズ』のケイト・ボスワースはどうなんでしょう。
割といい感じだなと思っていたのですが(←見てないので論外)。
実際本人が受賞式にくることはまずないという「お遊び企画」なので、
ただ楽しませていただいているだけなんですが。
『キャット・ウーマン』で受賞したハル・ベリーが
自分で登場してコメントした姿は、本当に格好よかったです。
(ハル自身には問題はなかったと思いますが、作品選びの問題でしょうか。
こちらもシャロン・ストーンが絡んでますね;;。)
ハルはオスカー、エミー、ゴールデン・グローブとラジーのトロフィーを
セットで(!)飾っているそうです。
賞を取ったからいい、悪いということではなく、
賞のために仕事をしてるのではないと自分に教えるために。
ほんとにカッコ良すぎる人です(^^)。

もう一つ、日本の雑誌でもワースト映画を選ぶ企画があったようです。(→こちら
1位『ゲド戦記』、2位『日本沈没』、3位『ダ・ヴィンチ・コード』・・・
どういう視点で選ばれたのか、コメントを読んでみたい気がします。

|

« “Australia ”キャスト | トップページ | アカデミー賞ノミネート。 »

映画情報・よもやま話」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« “Australia ”キャスト | トップページ | アカデミー賞ノミネート。 »