« ゴールデングローブ賞 | トップページ | ちょっと痛い話。 »

2006年12月18日 (月)

硫黄島からの手紙

あらかじめお断りしておきます。賛辞しかできません(爆)。
小さいアラなどもはやどうでもいいのです。
よくぞ作ってくれました。
無茶苦茶に重くてつらくて当分リピートはできませんが、
これまで誰も作りえなかった、
前人未到のはじめての作品を観られた幸福を感じています。

ドキュメンタリー以上。(←最大級の賛辞。)
これだけの力が映画にあったのかと思える素晴らしい作品でした。
ドラマやフィクションの力を借りずにここまで出来るとは。
事実を代弁する力。
事実を知る人の心を寡黙にして雄弁に語り切る力。
見る人に明確にそれらのビジョンを伝える力。
「父親たちの星条旗」と合わせて見ることによって、
前作で全く姿を見せなかった日本兵の同時進行の様子と重なり、
物語は完全な輪となります。
見事な構成だったと思います。
それぞれを完全に分けたため、
1作品を観ている間
日米どちらかに寄って解釈する必要が全くありませんでしたから。
渦中にいる兵士にとってはこれが戦争そのもののはずです。

前作とうってかわって、
とても素直に、静かに、淡々と進んでいく物語です。
2006年に硫黄島で
数百通もの手紙が発見されたところからお話ははじまり、
援軍も補給もなく、撤退もかなわない極限の状況で、
全滅を前提に島に送り込まれた兵達が常に死を目前にして
「最後の一兵まで」いかに戦ったかが語られていきます。
精神論に偏り、
物資面で圧倒的な不利にあった日本側の兵の方が
かくも苦しい生を強いられたといえますが、
本質的に日米両側とも上層部の不協和音に翻弄され、
現場に送られた将兵たちは同じように
敵が誰であるかも知らずただ戦わされ、
それぞれに苦しんで殺されていきます。
みな同じように故郷や家族を思う心を持ちながら。
日本側の一人一人がどんな人間なのかが
饒舌になることなく、淡々と明らかにされてゆき、
目の前の死に向かってどう生きたかが語られていきます。

(以下、一応白文字にします。)

物語は一兵卒である西郷(二宮和也)の眼を通して進行しますが、
彼がひょうひょうと軽やかな、合理的な見方を失わないのがいいです。
こんなことで勝てるわけがないとぼやいて
上官に鞭打たれているところを新しく着任した栗林中将に助けられ、
やや希望が湧いてくるのだが状況は悪くなるばかりで、
いよいよ生きて帰ることは出来ないと覚悟していくのではあるけれど。
出征のときには、妻とお腹の赤ん坊に
「父ちゃんは必ず生きて帰るからな。」とそっと言い、
現地ではせっせと妻への手紙を書き続けます。
部隊の全滅を前に、上官の個人判断で自決を命じられたときも、
中将が自決するなと言った無線を聞いていた彼は逃げ出し、
自決をしない西郷に銃口を向ける
もと憲兵のエリート真面目君、清水(加瀬亮)に向かって叫ぶ。
「ここで自決するのと生き延びて他部隊と合流して戦い続けるのと
どっちが天皇陛下のためだ?」
(この先も生きのびる方が遥かにつらかったのでしょうが、
自決も凄惨きわまっていました。)
疲れ果てた清水を「おまえまだ充分生きてもいないんじゃないか?」と慰め、
米軍に投降するという彼に付き合い、逃がしてやる。
(結局彼は捕虜になったあとに見張りの米兵に殺害されるのだけど。)
とっても父ちゃんなのです。若いけど。
最後に、中将の機転で手紙を埋めておくように命じられた西郷は
最後の突撃に加わらず生き残り、
中将の最期の頼みを聞くことになります。

栗林中将(渡辺謙)、バロン西(伊原剛志)をはじめ、
古参の将校の面々や一兵卒についてもそれぞれ丁寧に描かれており、
たいへんリアリティがありました。
日米両方とも捕虜を虐殺したり、逆に助けたり、
「敵」が「人間」であることを知るエピソードが救いでありつらくもありました。

日本が戦争一色「お国のため」一色に染まっていく様子も一部挿入され、
横暴野蛮な憲兵や、
協力するのが義務と強要をせまる愛国婦人会の表情を見ていると、
「鬼畜」は敵にではなく自分の心にあるものではないかと思えて
仕方がありませんでした。

ついお肉のため・・・と茶化したくなります。(@笑いの大学)

現実は映画にできるものよりもっと大変だったのだろうと思うのですが、
それにしてもよくもここまで資料を積み上げたものだと。

観終わるころには涙腺が大変なことになっていましたが、
死に様にではなく、彼らの背負った家族のつながりに涙しました。
このあたりが「命をかけて戦うことへの賛美」につながり
なにかと利用され易い、凡百の映画と一線を画するところだと思います。

以下、パンフレットからクリント・イーストウッド監督の言葉を引用します。

「この映画を手がけたのは、戦争が与える影響を描きたかったからで、
戦争映画とは思って欲しくない。
たまに優れた作品もあるが、
多くの戦争映画はプロパガンダの役をしたりと
危険な要素をはらむものも多いからね。」

「私が観て育ったほとんどの戦争映画では、
どちらかが正義でどちらかが悪だった。
人生とはそんなものではないし、戦争もそんなものではない。
この2本の映画は勝ち負けを描いたものではなく、
あの戦争が人間にどんな影響を与えたか、
そして戦争がなければもっと長く生きられたであろう
人々のことを描いている」

この着想もですが、
それをやり遂げ、かつこれほどの映画に仕上げた
監督やスタッフ、俳優達に、
心からの感謝と敬意を表したいと思います。

この映画を日米双方の観客に見せる機会を作ってくれて
本当にありがとう!

|

« ゴールデングローブ賞 | トップページ | ちょっと痛い話。 »

映画感想」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ゴールデングローブ賞 | トップページ | ちょっと痛い話。 »